北海道 札幌 青森県 青森 岩手県 盛岡 宮城県 仙台 秋田県 秋田 山形県 山形 福島県 福島 茨城県水戸 栃木県 宇都宮 群馬県 前橋 埼玉県 さいたま 千葉県 千葉 東京都 東京 神奈川県 横浜 新潟県 新潟 富山県 富山 石川県 金沢 福井県 福井 山梨県 甲府 長野県 長野 岐阜県 岐阜 静岡県 静岡 愛知県 名古屋 三重県 津 滋賀県 大津 京都府 京都 大阪府 大阪 兵庫県 神戸 奈良県 奈良 和歌山県 和歌山 鳥取県 鳥取 島根県 松江 岡山県 岡山 広島県 広島 山口県 山口 徳島県 徳島 香川県 高松 愛媛県 松山 高知県 高知 福岡県 福岡 佐賀県 佐賀 長崎県 長崎 熊本県 熊本 大分県 大分 宮崎県 宮崎 鹿児島県 鹿児島 沖縄県 那覇  全国47都道府県即時対応 
恐喝被害解決・脅迫被害解決・強要被害解決・リベンジポルノ問題解決・美人局被害解決・
暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル解決 縁切り解決等を、脅迫被害相談解決所独自の解決手法で確実に100%完全解決致します。

脅迫被害解決、恐喝被害解決、リベンジポルノ問題解決、美人局被害解決、縁切り解決
        暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織からの脅迫トラブル解決
           
           脅迫相談・100%完全解決専門機関

          脅迫被害相談解決所
                           (Kyouhaku.com)
 
                ホーム
芸能人・プロスポーツ選手・政治家・医師・大学教授・教員・公務員等、多種多様な有名人の
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等に脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
美人局での
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
不倫で交際していた恋人に脅迫されている
強要被害・脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
不倫を他人に知られて脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
 
出会い系サイトで脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
恋人から脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
 
リベンジポルノを防止したい
相談から100%完全解決
裸の写真・動画で脅迫されている被害相談から100%完全解決
リベンジポルノ(裸の写真や動画)調査
脅迫被害・恐喝相談から100%完全解決
復縁しろと強要や脅迫されている
強要被害・脅迫被害相談から100%完全解決  
立場を利用された
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
強請りやたかりをうけている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
因縁をつけられている
脅迫被害相談から100%完全解決
犯罪の弱みを握られての
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
仕事関係で弱みを握られての
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
家族の弱みを握られての
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
「セクストーション」(性的脅迫)裸の写真や動画等を撮影されて脅迫・恐喝されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
風俗で働いていることをばらすと言われて脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
援助交際によって弱みを握られての
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
売春の弱みを握られて脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
勤務先の風俗店の店長やオーナーから脅迫されている
脅迫被害・恐喝相談から100%完全解決
風俗で働けと脅迫されている
強要被害・脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
AV出演を強要・脅迫されている
強要被害・脅迫被害相談から100%完全解決
投資の損失で脅迫・恐喝されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
仕事の失敗で脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
子供が恐喝にあっている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
悪徳探偵社や復讐業者等に脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
不倫や浮気相手と別れさせたい
別れさせ相談・縁切り問題相談から100%完全解決
一切付き合いたくない人物との
縁切り問題相談から100%完全解決
報道された恐喝被害事件 一部報道
報道された脅迫被害事件 一部報道
報道された美人局事件 一部報道 
報道されたリベンジポルノ被害事件 一部報道
報道されたセクストーション被害事件 一部報道
その他 あらゆる脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル等の相談から100%完全解決を行っています。
必ず解決しますので、勇気を出してご相談されて下さい。
誰にも知られずに、そして、後で逆恨みや復讐されることもなく解決することをお約束いたします。

脅迫被害相談解決所は、法律事務が仕事の弁護士事務所や警察・探偵事務所と何が違うか?

他では脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルの100%完全解決は出来ませんが、脅迫被害相談解決所は、解決依頼を請け負った案件については、100%完全解決を行うことが出来ます。
更に解決結果に対しては、ご依頼人の身の安全も含め永久保証も行っています。

脅迫被害相談解決所の100%完全解決とは、

@脅迫の材料(弱みの材料)の完全削除 
(全国即時対応で、迅速に、会社・家族・友人等、誰にも知られずに、完全秘密厳守で、脅迫や恐喝の材料となっている弱みの材料を、脅迫者に削除・破棄させたり・弱みの材料を回収致します。)

A脅迫者との永久の縁切り100%完全解決
(脅迫者及び恐喝者を、あらゆる方向から完全に封じ込めて、脅迫者や恐喝者が永久に関与してこれない100%完全解決を行います。)

Bご依頼人の身の安全保証
(脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルの100%完全解決をご依頼後は、責任もってご依頼人の身の安全も保証致します。)

C脅迫トラブル100%完全解決後の永久保証
(脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル100%完全解決結果に対して、永久保証も行いますので、脅迫者からの報復等のご心配はいりません。)


脅迫被害・恐喝被害・美人局・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)半グレ・不良等からの脅迫トラブルの対策、対処、対応は、脅迫被害解決専門の脅迫被害相談解決所に全てお任せください。

誰にも知られずに100%完全解決を行います。
脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルの相談を行っても弁護士事務所や探偵事務所では、何れも確実に100%完全解決が確実に出来ますと明言できるところは一切ありません。
明言しないのは、責任をもって100%完全解決出来ないからです。

弁護士も含め、解決出来ると言うところは、
「無視をする」「警察に行く」「弁護士の名を入れて通告を行う」「相談している事を話す」などの一時的な対応で解決できると嘘を言うのです。
そのような対応では完全解決ではありません。
その時だけおさまればいいだけの一時的な対応にしかすぎません。

世の中には、証拠さえ残さなければ、犯罪的なことをやってもいいと思う無法者たちは数多くいます。
弁護士に依頼したり、警察に相談したりして、一時的に問題は収まった後、後々、証拠が残らない方法で復讐されたという事例は非常に多いです。
警察や弁護士は、絶対に、復讐もないように解決してくれたり守ってくれたりは出来ません。

特に裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の弱みの材料を持たれている場合には、脅迫者にその弱みの材料(裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等)を削除や破棄させない限り、脅迫者に永久に裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の弱みの材料を持たれることになるのです。

リベンジポルノ防止法も出来ましたが、防止力は100%ではありません。
脅迫者が、少しネットの知識があれば、警察が捜査してもわからない手法で、ネット上で拡散させることは十分に可能なのです。

そのような裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の弱みの材料を持たれてる状況でも、裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の破棄や削除・回収を行い、脅迫被害問題解決、恐喝被害問題解決、リベンジポルノ問題解決、暴力団(ヤクザ)・半グレ等反社会的人物及び組織等とのトラブル解決・美人局恐喝被害問題解決を行い、脅迫者との縁切りを確実に行います。

脅迫被害相談解決所は、根本的な100%完全解決を行います。
更に解決結果に対しては、ご依頼人が安心して生活できるように、脅迫ドットコムでは永久保証を行っております。

そのような脅迫解決専門の解決所は、日本では唯一、脅迫被害相談解決所だけです。

脅迫解決のご依頼後は、脅迫加害者・恐喝加害者の心理分析や脅迫者とのやりとりも、脅迫被害相談解決所に100%完全解決まで全てお任せ下さい。




芸能人・有名プロスポーツ選手・政治家・医師・大学教授・教員・公務員等
多種多様な有名人の駆け込み寺


★脅迫被害100%完全解決専門
★恐喝被害100%完全解決専門 
★リベンジポルノ問題100%完全解決専門
★美人局被害100%完全解決専門
★暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、
 反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル100%完全解決専門
★縁切り解決100%完全解決専門

  【信頼の証】30年以上の100%完全解決実績多数

秘密厳守で100%完全解決
相手からの報復皆無
身体を張って、永久にお守り続けます。(永久保証)

脅迫相談・100%完全解決専門機関  
 
脅迫被害相談解決所
   
【Kyouhaku.com】
                           
   東京都豊島区池袋4−17−3
         
     

TEL:050−1335−4283
              
      (IP固定回線)  
年中無休・受付時間
      AM9時〜深夜AM2時まで


メールアドレス(24時間受付)      info@kyouhaku.com          こちらまで、ご相談ください。


暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等に脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決


    

暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等に脅迫されている

暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に弱みを握られての脅迫被害や恐喝被害に多いケースです。


@暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に、頼み事をした事がきっかけで強請られたり、お金を貸してくれと言われる→暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手にお金を貸した場合には、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手にとっては返さなくていいお金だと思っているので事実上の恐喝になります。→暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手に1度でもお金を貸したり、恐喝されてお金を渡せばあなたが借金漬けになって骨までしゃぶりつくされるまで、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手にお金を恐喝され続けることになります。

A暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に、人に知られたくない事を知られて脅かされてお金を恐喝されている→暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手に1度でも恐喝されてお金を渡せばあなたが借金漬けになって骨までしゃぶりつくされるまで、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手にお金を恐喝され続けることになります。

B暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に、犯罪や犯罪的な弱みを握られて、犯罪の手助けや犯罪行為の仕事を強要されている"暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手にの犯罪行為に加担した場合には、逮捕されるまで強要されます。また暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手に犯罪行為に加担したことで、犯罪行為自体を更なる弱みの材料にされることになります。
逮捕された場合でも、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手との縁は切れずに、釈放後、または実刑が確定し刑務所から出所後も、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手は、平気で連絡をしてきます。
あなたの人生は暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手に、むちゃくちゃにされて骨までしゃぶられることになります。


等、様々ですが、弱みに付け込んだ強要、脅迫、恐喝は人間として許せることではありません。

民暴、典型的な脅迫の手口として

民暴事案での暴力団の行動パターンは、大きく分けて次の3段階があると言われています。

第1段階 接近
まず標的を定め、機関紙購読要求、下請要求、不祥事案その他様々な「ネタ」をもとに接近を図ってきます。

第2段階 攻撃
コンタクトに成功すると、いろいろな脅しのテクニックを用いて、困惑させ、恐れさせ、心理的に追い込んできます。

第3段階 目的達成、再攻撃
心理的に追いつめられて金を出すと、彼らにとっては目的達成と言うことになります。 しかし、金を出したことによって、組みし易い相手として認識され、何回も脅してきます。また、ほかの暴力団の標的にもなります。

こうした過程で、彼らが用いる典型的な脅しのテクニックは、概ね次の4つに要約されるようです。

1 恐怖心培養戦術
一般市民が持っている、「暴力団は怖い」というイメージを利用して、巧妙に恐怖心を植え付ける手口です。
暴力団の代紋や肩書き入りの名刺を示したり、入墨をちらつかせる。突然机をたたき大声をあげる。「若い者が黙っていない。」などと脅し文句を言う。組事務所に呼び出しをかけるなど様々なテクニックを使います。
2 頭脳混乱戦術

不当な要求を執拗に繰り返して長時間居座ったり、早朝や夜中に自宅に電話を掛けたり、応対者を精神的、肉体的に疲れさせ、「何とかこの状況から逃れたい。」という心理状態に追い込む手口です。
3 嫌がらせによる日常業務妨害戦術
忙しい時間帯を狙って、何回でも面会を強要したり、大勢で会社に押しかけて社内をうろつく、会社の出入口にたむろして通行者を威圧する、時には街宣車を繰り出すなどの嫌がらせを行い業務を妨害する手口です。
4 脅し役となだめ役の分担戦術
あらかじめ脅し役となだめ役を決めておき、脅し役が大声で怒鳴ったり、厳しい言葉で責めたてると、なだめ役が時折りなだめ、あたかも会社の味方のようなことを言って錯覚させ、最終的には、なだめ役が会社と脅し役の双方の言い分をとりなすようにして金品での解決を促し、脅し役もなだめ役の顔を立てて仕方なく引き下がったように芝居をして、結局目的を達する手口です。


暴力団(ヤクザ)の脅迫・恐喝・強請の巧妙テクニック

@相手に恐怖感を与える


相手に恐怖感を与える  目的を達成するためには、まず自分が暴力団(ヤクザ)であることを対応者に分からせる必要がありまず。
分からせることによって、相手が勝手に暴力団(ヤクザ)のイメージで勝手に怖がってくれるのです。
一度火がついた恐怖心というのは、増幅はしやすく、おさまりにくいのです。
 今時の暴力団(ヤクザ)は、「おれは○○組のもんや」
などと暴力団(ヤクザ)の看板を前面に出して脅せば、恐喝罪、強要罪等により逮捕される可能性のある事を知っているので、露骨な脅迫はしません。
昔は、看板のロゴ入り名刺もよく使われましたが、今は使われなくなりました。
名刺や露骨に暴力団(ヤクザ)であることを強調しなくても、匂わせる脅迫手段で充分に相手は怖がってくれるのです。
他に、俺の顔も立ててくれ
うちには血の気の多い若い衆がいるで
等と、口調を荒げた言葉遣いで、暗に自分が暴力団員であることを誇示するケースも増えています。



A相手を精神的・肉体的に疲労させる

相手を精神的・肉体的に疲労させる  
時間の経過とともに相手を精神的・肉体的に疲労させていくと、思考能力もおかしくなっていきます。
疲労させた結果、望む通りの要求を受けさせようと画策するのです。
具体的な方法として、
長時間居座り続ける
連続した電話で再三要求し続ける
大人数で押しかける
等は暴力団(ヤクザ)の常とう手段になります。
これらの常とう手段も刑法等、違法行為にならないように、細心の注意を払って行います。

暴力団(ヤクザ)に限らずに、人の弱みに付け込み骨までしゃぶろうとくいついてくるような脅迫者は社会のクズ以外のなにものでもないです。

B仕事を妨害する

堂々と露骨に営業妨害すれば捜査当局の取締りの対象となります。
隠れ蓑的に、例えば、政治活動等に名を借りたりして、
街宣車や街宣活動等を繰り返して行う
大人数で周辺をうろうろする
故意に忙しい時間帯に面会要求を行う
等の手段により
巧妙に、間接的に営業妨害をするのです。


C目的(恐喝行為等)を達成するために役割分担を行う

相手から便宜を引き出しやすくする為に
強引に要求を突き付ける脅かし役と、
適当な妥協案を提示して話をまとめる役という様に、
「脅し役」と「なだめ役」の役割分担をしてくるのは暴力団(ヤクザ)の常とう手段です。


暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(ぼうりょくだんいんによるふとうなこういのぼうしとうにかんするほうりつ、平成3年法律第77号)は、暴力団員の行う暴力的要求行為について必要な規制を行い、及び暴力団の対立抗争等による市民生活に対する危険を防止するために必要な措置を講ずるとともに、暴力団員の活動による被害の予防等に資するための民間の公益的団体の活動を促進する措置等を講ずることにより、市民生活の安全と平穏の確保を図り、もって国民の自由と権利を保護することを目的とする日本の法律である。略称は暴対法[1]、暴力団対策法、暴力団新法[2]など。

「暴力団」および指定本法では、まず、規制の対象を明確にするため、暴力団を「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体をいう。」と定義する(2条2号)。そして、都道府県公安委員会が、暴力団のうち、暴力団員が生計の維持、財産の形成又は事業の遂行のための資金を得るために暴力団の威力を利用することを容認することを実質上の目的とする団体であって、犯罪経歴を保有する暴力団員が一定割合を占め、首領の統制の下に階層的に構成された団体を「指定暴力団」に指定する(3条)。さらに、暴力団(指定暴力団を除く。)の全部又は大部分が指定暴力団である場合、当該暴力団は指定暴力団の連合体として指定される(4条)。2012年(平成24年)10月より、対立抗争に係る指定暴力団等を特定抗争指定暴力団等として指定し(15条の2)、また、指定暴力団の構成員等が凶器を使用して人の生命又は身体に重大な危害を加える方法による暴力行為を反復継続するおそれがある場合、当該指定暴力団等を特定危険指定暴力団等として指定する(30条の8)。「不当な行為」の禁止と措置命令、罰則本法は第2章において、指定暴力団等の暴力団員が、指定暴力団の威力を示して民事介入暴力などの暴力的要求行為を行うことを禁じる(9条)。暴力団員以外の一般人に対しては、指定暴力団員に暴力的要求行為をすることを要求、依頼、又は唆すことを禁じる(10条)。また、公安委員会は、対立抗争時には事務所の使用禁止を命ずることができる(第3章)。第4章において、指定暴力団への加入の勧誘や、事務所において付近住民に不安を与えるような一定の行為も禁じる。これらの禁止行為に対しては、公安委員会が措置命令を行うことができるようにし、また、措置命令の実効性を確保するため、罰則規定が設けられている(第8章)。なお、「警戒区域」(暴力行為により人の生命又は身体に重大な危害が加えられることを防止するため特に警戒を要する区域)と定められた区域内における禁止行為の違反については、措置命令を経ずに罰則を科すことが規定されている(直罰規定)。暴力団員の活動による被害の予防等に資するための民間の公益的団体の活動を促進するため、暴力追放運動推進センターの指定なども定められている(第6章)。民事責任の特則上記に加えて、指定暴力団の代表者等に対する民法の不法行為責任についても特則が設けられ、凶器を使用して指定暴力団同士の抗争または指定暴力団内における抗争により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは指定暴力団の代表者等は無過失責任を負うことになる(31条)。さらに、指定暴力団員が威力利用資金獲得行為(当該指定暴力団の威力を利用して生計の維持、財産の形成若しくは事業の遂行のための資金を得、又は当該資金を得るために必要な地位を得る行為をいう。)を行うについて他人の生命、身体又は財産を侵害したときについても、代表者等が直接または間接に利益を受ける立場に無いとき、指定暴力団員による威力利用資金獲得行為が指定暴力団員以外の者による強要によってなされかつ代表者等が無過失の場合を除いて、損害賠償責任を負う(31条の2)。なお、これらの規定は民法に基づく不法行為責任を別に負うことを排除するものではない(31条の3)。改正2008年5月2日に改正され同日一部施行、8月1日に完全施行された[3]。2012年7月に企業襲撃を繰り返したり、抗争事件を起こしたりする暴力団を新たに「特定危険指定暴力団」「特定抗争指定暴力団」に指定して等の対策を盛り込んだ改正案が成立し、10月30日施行された。
禁止される具体的な行為[編集]

本法は以下の行為を禁止する。
1.口止め料を要求する行為
2.寄付金や賛助金等を要求する行為
3.下請参入等を要求する行為
4.縄張り内の営業者に対して「みかじめ料」を要求する行為
5.縄張り内の営業者に対して用心棒代等を要求する行為
6.利息制限法に違反する高金利の債権を取り立てる行為
7.不当な方法で債権を取り立てる行為
8.借金の免除や借金返済の猶予を要求する行為
9.貸付け及び手形の割引を不当に要求する行為
10.信用取引を不当に要求する行為
11.株式の買取り等を不当に要求する行為
12.預貯金の受入れを不当に要求する行為
13.地上げをする行為
14.土地・家屋の明渡し料等を不当に要求する行為
15.宅建業者に対して不動産取引に関する不当な要求をする行為
16.宅建業者以外の者に対して不動産取引に関する不当な要求をする行為
17.建設業者に対して建設工事を不当に要求する行為
18.集会施設の利用を不当に要求する行為
19.交通事故等の示談に介入し、金品等を要求する行為
20.商品の欠陥等を口実に損害賠償等を要求する行為
21.役所に対して自己に有利な行政処分を要求する行為
22.役所に対して他人に不利な行政処分を要求する行為
23.国等に対して自己を公共工事等の入札に参加させることを要求する行為
24.国等に対して他人を公共工事等の入札に参加させないことを要求する行為
25.人に対して公共工事等の入札に参加しないこと又は一定の価格で入札することを要求する行為
26.国等に対して自己を公共工事等の契約の相手方とすること又は他人を相手方としないことを要求する行為
27.国等に対して公共工事等の契約の相手方に対する指導等を要求する行為



暴力団排除条例(ぼうりょくだんはいじょじょうれい)とは、地方公共団体の条例である。通称暴排条例[1]


暴力団の影響力を排除することを目的としている。また、公安警察が領域とする事案にも活用し、犯罪の未然防止を図ることも目的の一つとされている。 ほぼ全ての都道府県で事業主が暴力団員とわかっている者を雇用してはならないこと、また事業の契約、金銭の貸し借りを禁じている。

2004年6月に、広島県と広島市が条例で公営住宅の入居資格について「本人とその同居親族が暴力団対策法に規定する暴力団員でないこと」と規定した。暴力団排除が規定された条例はこれが初めてである。

また東京都豊島区で、不動産の取引において暴力団を排除することを規定した生活安全条例が制定され、2009年1月に施行された。

佐賀県では、暴力団組事務所[2]の開設について、不動産所有者が暴力団に対して賃貸契約を拒否や解除ができる規定をした「佐賀県暴力団事務所等の開設の防止に関する条例」が制定され、2009年7月1日に施行された。条例名に暴力団を冠した条例は都道府県初。

福岡県では、暴力団の威力を利用する事業契約の禁止、暴力団の公共工事妨害排除、暴力団から危害を加えられる恐れがある者の保護、暴力団を排除するための民事訴訟支援などについて総合的な規定が全国で初めて制定され、2010年4月1日に施行された。京都府では、公共工事を請け負う企業に暴力団員がいないことを示した契約書を提出することなどを義務づけ、違反した場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される規定になっている。その他の都道府県でも、2010年以降制定の動きが広がり、2011年10月1日には、残る東京都・沖縄県で条例が施行され、全都道府県で施行された。

暴力団関係者との会食、ゴルフ、旅行など交際を繰り返すことについて、警察がその人物に対し「密接交際者」とみなし、認定を行うことを可能にする自治体もある。影響としては、密接交際者とされた場合に工事の入札から排除されたケースがあった。今回の施行にあたり東京都では、該当者が金融機関からの融資(ローン)を受けたり当座預金の開設ができなくなったり、住宅の賃貸契約もできなくなるよう、関係機関が各業界団体に働きかけていると報道されている。

2011年10月21日、大阪府警は条例に基づき、山口組総本部を捜索した。暴力団排除条例に基づいて指定暴力団総本部を捜索したのは初めてである[3]。また、同年12月16日には兵庫県公安委員会が、兵庫県内の露天商組合が同県西宮市内の山口組系暴力団に対し用心棒代を渡し、利益供与を行っていたとして、露天商組合に対し、条例に基づき利益供与を停止するよう勧告を実施した[4]。

都道府県警察では、暴力団排除条例の施行後、同条例に基づいて暴力団との絶縁を図ったことを原因として暴力団員から危害を加えられる恐れがある者へのボディーガードを任務とする「身辺警戒員」(略称PO)の育成を実施し、POの取り組みを通じて暴力団排除条例の実効性強化に努めているところである。警察庁では、全国で5000名程度の警察官を非常勤の身辺警戒員に指名することを検討している。


上記のように
暴対法(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律)や暴力団排除条例等、暴力団対策で出来た法律はあります。
しかし実効性として警察を先頭に全国で暴力団対策が行われているはずだが、条例との矛盾点も存在します。
全国の条例では暴力団員は一般の会社に就職することができない上、更に取引もできず、借金もできない為に、数万人存在するとされる暴力団員は、現在まともな方法で収入を得ることが不可能な状態なはずです。
そのために数万人が不当な方法での経済活動しているはずですが、警察によって取り締まられているのは暴力団員のなかでもほんの一部だけです。
また暴力団関係での事件では必ず事務所への家宅捜索が行われているが、そもそも暴力団員は条例によって事務所となる物件を買ったり借りたりもできません。
警察は犯罪未然防止のため暴力団事務所の場所を把握しているはずです。
その時点で事務所の契約で取り締まられているはずだが、実際にはそれが行われていないのです。

警察が、暴力団を社会からの根絶を狙い法律上は追い込んでいる状態ですが、根絶は絶対に出来ません。
暴力団を普通の生活すら出来ないくらいまで追い込んでいくと、次々と地下に潜りマフィア化していくのは必至です。
暴力団が、地下に潜りマフィア化するほうが、一般市民にとって遥かに危険だと思います。
そして今は暴力団には属さずに、半グレと呼ばれる集団が、全国あちこちで、悪事を行っています。
半グレのような集団でなくても、どこの地方にでも、不良と呼ばれるワルは沢山います。

暴力団関係者や半グレ・不良等、相手がどのような反社会的組織や個人であったとしても、請け負った脅迫解決案件については、脅迫被害相談解決所は、必ず、救済いたします。
先ずはどのような状況でもお気軽にご相談下さい。




平たく書きますが、脅迫や恐喝の基本的なメカニズムとして

脅かし・強請・脅迫・恐喝する側の心理
(脅かし・強請・脅迫・恐喝加害者)

有利な材料(脅かし・強請・脅迫・恐喝できる弱みの情報や証拠)を持っているので相手は要求どおりいうことを聞く


脅かし・強請・脅迫・恐喝される側の心理(脅かし・強請・脅迫・恐喝被害者)

相手の要求どおりに従えば、脅かし・強請・脅迫・恐喝問題(悩み)も終わりに出来て、人生が壊されることもなく解放される。


殆どのケースでは、脅かしや強請・脅迫や恐喝してくる側の要求は、最初は小さいことが殆どですが、最初から大きな要求をしてくるケースもあります。
大きな要求の場合、一発屋といって、その1回で出来るだけ多くの要求をのませようとします。
これが金銭的要求なら、脅かし・強請・脅迫・恐喝被害者がどれだけの金銭を用意できるかを値踏みして要求してきます。
小さい要求だと通りやすく、また脅迫や恐喝される側も、この1回で終わるならと要求をのんでしまうことが多いです。
しかし、その1回が大きいのです。
脅迫者の要求を1回でも従うというこの壁は、後に大きな意味を持ちます。
脅迫相手の要求を1回でものんでしまうと、次なる要求がくることが殆どです。
脅迫犯や恐喝犯にとって、一度要求を聞いた相手は、打ち出の小槌のようなもので、甘い汁(金品や肉体的快楽)を吸った脅迫者や恐喝者は、簡単に手放そうとはしません。
また、よくあるケースで女性が不倫を材料に脅迫されて、脅迫者と会うことを1度でも行えば、SEXを強要されて、裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等を撮影、録画されて更なる脅迫材料になるケースも多いです。
脅迫者にとって、裸の動画や裸の写真等を弱みの材料に、女性を、自分の思い通りにいうことをきかせたいのが目的です。
このタイプの脅迫者の場合、粘着質で執念深く女性にかなりの執着心をもっていることが多いです。
脅迫者に裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等を撮影や録画された場合でも、ご要望が、裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の破棄や回収も含めた脅迫問題の解決なら確実に出来ますので、ご安心して脅迫被害相談解決所にご相談下さい。必ずお力になることをお約束します。

脅迫被害相談解決所が扱った事例として、脅迫者の要求を1回でも従った後、5年後に2回目の要求がきて、脅迫被害の相談をしてきたという事例もありました。
ですので、基本的に脅迫者の要求を1回でもきいてはなりません。
脅迫者の要求を1回でもいうことをきくと、終わりのない脅かしや強請・脅迫や恐喝をされることになります。
先が見えず、あなたの人生は脅迫者に滅茶苦茶にされることは確実です。
脅迫者からの初めての要求がきている状況、脅迫者の要求を1回以上従ってしまった状況、どのような状況でも、脅迫被害相談解決所が責任をもって必ず解決致します。


トラブルで困ると大半の人が行う行動としては、事件性があるようなものなら警察に相談しますが、弱みのある相談の場合には、家族にばれることも覚悟の上の相談になります。
また勇気を出して相談しても、必ずしも刑事事件になるとは限りません。
警察も役所の一つであり、警察は弱い者の味方でも正義の味方でもありません。
結果的に警察からアドバイスされるのは、弁護士に相談してください。
が多いです。
弁護士に相談すると、脅迫相手・恐喝相手が特定出来ている場合には、その脅迫相手・恐喝相手に内容証明郵便で通告書を送ることが弁護士のマニュアル通りのやり方になります。
そのマニュアルに従い、脅迫相手・恐喝相手が通告書を無視したりすると刑事事件に該当しそうな案件なら刑事告訴をします。
刑事事件に該当しそうに無い場合には、民事訴訟を提起します。
その場合、民事訴訟は証拠が全てですので、証拠の有無を聞かれます。
証拠がない場合には、訴訟を提起しても勝訴する確率がかなり低くなります。
それでは証拠がある場合、勝訴という判決が出ても、相手が判決どおりの行動をしてくれるかは全く別の問題となります。
裁判所の判決が通用する相手、全く通用もしない相手がいます。
通用しない相手の場合には、裁判自体行うことは、弁護士費用の無駄でしかありません。
日本の民事的裁判の限界を感じる人達は多いのです。
解決手段で、弁護士という手段で表沙汰にすることで、夫や妻、子供たち家族にばれるというリスクが出てきます。
弁護士という職種は、保身的でリスクを嫌う職種です。
決して、誰にでも、ばれないように必ず解決しますとは絶対に言いません。
弁護士は、法律の事務屋でありマニュアル的対応では、家族にばれることも覚悟したほうがよいでしょう。
弁護士にとって最終手段は民事訴訟での勝訴であり、弁護士にとっては勝訴が解決なのです。
しかし勝訴=解決ではありません。

裁判勝訴が通用しない相手なら、弁護士を使い、裁判勝訴までしてもお金を支払うことなどしないからです。
この実態は、民事裁判を勝訴しても返金されなかった経験をした人は判ると思います。
裁判所の勝訴判決なんてこんなもの?
弁護士なんてこんなもの?
身にしみて判ることでしょう。

理不尽な目にあわされて、弁護士を使い裁判を行って勝訴したとしても、返金や支払いはありません。

何故なら、勝訴=相手がお金を支払うではないからです。
悪知恵の働く相手なら、無視するのは確実です。

詳細な強制執行逃れの仕方は書くのを控えますが、平たく書くと、銀行預金から不動産、家財道具まで、家族の名義かまたは別人の名義や法人名義にすればいいだけの話です。
同じ家に住んでいよう家族名義のものには、裁判所の強制執行は効力は及びません。
実質 勝訴判決は単なる紙っぺらになります。

余程、交渉に有利な材料でもない限り、弁護士は役立たずです。
使い物になりません。

それではどうすればいいか?
脅迫被害相談解決所に全てお任せください。
長年の解決実績から身につけたノウハウを生かし解決に導きます。
他では絶対に出来ない独自の解決手法で解決しますので、 脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル どのようなケースでもお気軽にご相談下さい。
LINEやフェイスブック等のSNS等でのIDしか情報がないケースでの、脅迫者、恐喝者の素性がわからない 手掛かりが殆どない 等のケースでも解決しますのでご安心ください。

脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルは、請け負った解決依頼は100パーセントの解決を保証致します。
誰にも知られずに100%完全解決を行い、永久に相手から仕返しや復讐されることもなく、安心・安全な生活を保障いたします。

脅迫被害相談解決所が、ご提供できるのは、確実、迅速な完全解決です。
脅迫被害相談解決所の同業他社のようなところは存在はしません。
他社で100パーセント解決出来ますとは言えるところも存在しません。
請け負った案件については、確実な解決を行い、解決結果については永久保証致します。


脅迫相談解決所は、脅迫被害解決業務を人間としての正義を強い信念として運営しております。

脅迫被害相談解決所は、長年にわたり、
脅迫被害、恐喝被害、美人局被害、リベンジポルノ問題、縁切り問題、
暴力団(ヤクザ)とのトラブル、半グレや不良からの脅迫トラブル等々、
相談から100%完全解決までを専門に行っているトラブル解決所です。

      請け負った案件については
      完全秘密厳守で確実に100%完全解決を行います。


芸能人、有名スポーツ選手、政治家、医師・大学教授・教員、公務員の方々からの解決依頼も多い脅迫被害相談解決所です。



        
【脅迫被害相談解決所の信念】

脅迫被害相談解決所は、
脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・
悪縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル解決のご依頼については

相手からの手出しが一切出来ないよう、
ご依頼人とご依頼人のご家族を含め
ご依頼をされた後より、解決後も永久に、身体を張ってお守り致します。
(脅迫者、恐喝者の個人・組織は問いません。)

請け負った案件につきましては、責任を持って、
ご依頼人やご依頼人のご家族の身の安全をお守りしながら、
100%完全解決できることをお約束できる理由は、
脅迫被害相談解決所だけが成し得る
トラブル解決の特別なノウハウによるものです。


脅迫被害相談解決所の一つの特色として、確実な解決
解決結果に対して
永久保証も行っております。

特に緊急性の高いトラブルで、脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルの100%完全解決依頼については、ご依頼人含め
ご依頼人のご家族も守り、迅速、確実な解決結果、永久保証
を行っております。

どのようなケースでも完全秘密厳守で、誰にも知られずに隠密裏に対応・解決します。
必ずお力になることをお約束します

脅迫被害相談解決所は、民事上の裁判勝訴や警察でも駄目だった方のケースでも解決まで行ってます。
通常の刑事事件では解決は困難なケース、また弁護士に依頼した通常の交渉や裁判での勝訴でも解決が困難なケース、警察や弁護士では動きが遅いので早急に解決したい方の、解決依頼を請負い数多く解決してきました。
また、脅迫被害相談解決所は、警察にも相談に行けない問題・通常の訴訟等は家族に知られる等、普通に相談できない方々の依頼も非常に多いです。
どのような問題でも、お気軽にご相談ください。

脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルは、人生そのものを狂わせている、悩ませている問題だと思います。
悩みなき人生を取り戻して頂けるように、問題解決にあたり、様々な事情に応じて、コンプライアンス(法令遵守)を重視し対応・解決します。
状況に応じた柔軟なサービスが提供できますので、お気軽にお問い合わせください
ご依頼人の絶対的な最強の味方になり、解決までお力にならせて頂きます。
解決まで全てお任せください。
悩まれてる方が、どんな解決を求めているか?これは様々です。
どのような解決がご希望かをご相談ください。
誰にも相談できない内容でも、完全秘密厳守でご相談に乗ります。

脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル どのようなケースでもお気軽にご相談下さい。
請け負った案件については100パーセント確実な解決を保証致します。
誰にも知られずに、永久に相手から仕返しや復讐されることもなく、安心・安全な生活を保障いたします。

脅迫被害相談解決所が、ご提供できるのは、確実、迅速な完全解決です。

脅迫被害相談解決所の同業他社のようなところは他にありません。
請け負った案件については、確実な解決を行い、解決結果については永久保証致します。

脅迫被害問題・恐喝被害問題・リベンジポルノ問題・暴力団(ヤクザ)関係者や半グレ・不良等、反社会的個人や組織から脅迫問題では、弱みを握られたり、弱みに付け込まれて、脅かしや、脅迫される、恐喝されるケースが多いです。

トラブルでの一般的な相談するところといえば、
警察、弁護士、探偵事務所ですが現状を書きます。

警察に勇気を出して相談に行っても、警察はやはり役所なので事務的対応で腰も重く、被害者救済とは程遠いケースが多いのが現状です。緊急性のある刑事事件にでも発展しないと迅速さもありません。しかし取り返しのつかない殺傷事件に発展してからでは遅すぎます。
警察は、家族に知られないようにという相談にも臨機応変に対応はしてくれません。逆に家族に話しなさいと言われるケースも多く、家族に知られたおかげで、一家が崩壊してしまうケースも多いのです。

弁護士にしても、法律の事務屋さんです。
まずは内容証明から始まって、交渉断念後は、訴訟での決着をしようとしますが、勝訴をしても解決は無理なケースばかりです。
緊急に対応を要するようなトラブルの緊迫場面でも、脅迫者から仕返しもないように、体を張って守ってくれる弁護士など皆無です。
殆どの弁護士は保身的で受身でありリスクはとりません。
弁護士は、何かあった時に責任をとることなどしません。
弁護士を全く否定するわけではありません。
弁護士しか出来ないこと、弁護士をいれたほうが、スムーズにくこともあります。
特に離婚問題や確定債権になっていない金銭トラブルなどは、弁護士をいれたほうがいいでしょう。
但し、金銭トラブルや離婚問題も含めた民事訴訟での勝訴判決は、必ずしも解決とはなりません。
何故なら、民事訴訟は、金銭的な解決が目的になります。
例えば、相手に謝罪を求めた訴訟は出来ません。
裁判での勝訴で、相手に、強制的に謝罪をさせることなど出来ないのです。
勝訴→相手に支払い命令が出ますが、相手が支払うことは、全く別の問題なのです。
しかしながら勝訴すると、相手が自動的に支払いをしてくれると思っている人たちは多いのが現状です。
何度も書きますが、民事訴訟の勝訴判決は、依頼人にとっては、決して、解決ではありません。
弁護士に依頼前に、勝訴すれば、相手も観念して支払いますよ と言われたなら、その弁護士は嘘つきです。
裁判所の勝訴判決など、何とも思わないタイプも多いです。
要は、名義を変更すれば、強制執行など出来ないのです。
悪知恵の働くタイプなら容易に他人名義にして強制執行逃れをするでしょう。
それが出来れば、裁判で敗訴すること自体、なんのダメージにもなりません。
弁護士が通用する相手でないと、弁護士を使うこと自体、お金の無駄遣いにしかならないのです。
ここでは刑事事件における弁護士の役割は書きませんが、民事訴訟よりも酷い現状です。
正義の味方の弁護士が活躍するのは、映画やドラマの中くらいでしょう。
弁護士の限界や実務の実態は、今まで弁護士を何回も使ってきた人にしかわからないと思います。


探偵事務所の類は沢山ありますが、トラブルを解決できると依頼を請けても行うことは調査だけです。調査だけでは絶対に解決は出来ません。
探偵業界は実態として、暴力団(ヤクザ)関係者・詐欺探偵業者も3割以上存在する業界です。
名前は書きませんが、実態は暴力団(ヤクザ)なのに、TV出演している大手探偵社もあります。
探偵業界独自の手法で、追加料金で延々と請求してきますので注意が必要です。解決も出来ないのに解決すると言って調査だけしかやらないのは悪徳詐欺探偵業者と言っていいでしょう。
脅迫被害相談解決所にも、探偵に二次詐欺被害にあった相談が年々増えています。
真面目に探偵業務をおこなっている探偵社もありますが少数です。

法律は決して万能ではなく、法律で全て解決は絶対にしません。

また脅迫トラブルの内容に法律上違法行為となる要素があり、誰にも相談もできない様な内容でも、完全秘密厳守でご相談に乗ります。

 


      脅迫被害相談解決所の特色

創業1982年から蓄積された当事務所だけの豊富なコネクションも駆使し
脅迫トラブルを完全に解決致します。
長年の脅迫トラブル解決実績を元に、脅迫加害者の心理分析も的確に行います。

請け負った案件については、100%完全解決を専門としていることもあり
民事裁判で勝訴したにも関わらず、判決通りに解決しなかった、という方や、
警察、弁護士、探偵社でも解決しない脅迫トラブル解決依頼が
とても多い解決所であることも、当解決所の特徴のひとつです。

また、脅迫被害相談解決所の最大の特徴と致しまして

請け負った案件につきましては
必ず、100%完全に解決することをお約束していることをはじめ、
トラブル解決後も、相手が一切の手出しが出来ないように
ご依頼人やご依頼人の身の安全を、永久にお守りする永久保証があります。
(解決依頼料に含まれています)

ご依頼された後より、トラブル解決後も永久に
ご依頼人やご依頼人のご家族も含めて
永久にお守りしているトラブル解決所は
日本中何処を探されても、脅迫被害相談解決所以外に
一切、存在していません。

親身相談・完全秘密厳守で日本全国、どこでも即時対応・100%完全解決致します。


 

北海道 札幌 青森県 青森 岩手県 盛岡 宮城県 仙台 秋田県 秋田 山形県 山形 福島県 福島 茨城県水戸 栃木県 宇都宮 群馬県 前橋 埼玉県 さいたま 千葉県 千葉 東京都 東京 神奈川県 横浜 新潟県 新潟 富山県 富山 石川県 金沢 福井県 福井 山梨県 甲府 長野県 長野 岐阜県 岐阜 静岡県 静岡 愛知県 名古屋 三重県 津 滋賀県 大津 京都府 京都 大阪府 大阪 兵庫県 神戸 奈良県 奈良 和歌山県 和歌山 鳥取県 鳥取 島根県 松江 岡山県 岡山 広島県 広島 山口県 山口 徳島県 徳島 香川県 高松 愛媛県 松山 高知県 高知 福岡県 福岡 佐賀県 佐賀 長崎県 長崎 熊本県 熊本 大分県 大分 宮崎県 宮崎 鹿児島県 鹿児島 沖縄県 那覇  全国47都道府県対応  
        
          全国即時対応致します。

          お気軽にご相談下さい


芸能人・有名プロスポーツ選手・政治家・医師・大学教授・教員・公務員等
多種多様な有名人の駆け込み寺


★脅迫被害100%完全解決専門
★恐喝被害100%完全解決専門 
★リベンジポルノ問題100%完全解決専門
★美人局被害100%完全解決専門
★暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、
 反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル100%完全解決専門
★縁切り解決100%完全解決専門

  【信頼の証】30年以上の100%完全解決実績多数

秘密厳守で100%完全解決
相手からの報復皆無
身体を張って、永久にお守り続けます。(永久保証)

脅迫相談・100%完全解決専門機関  
 
脅迫被害相談解決所
   
【Kyouhaku.com】
                           
   東京都豊島区池袋4−17−3
         
     

TEL:050−1335−4283
              
      (IP固定回線)  
年中無休・受付時間
      AM9時〜深夜AM2時まで


メールアドレス(24時間受付)      info@kyouhaku.com          こちらまで、ご相談ください。


※但し、要求期限が迫っているような緊迫した脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルについては24時間無料相談受付をしております。
E−mail      info@kyouhaku.com
HP             http://kyouhaku.com/

●裁判でも解決しない案件を解決するトラブル解決専門コンサルタントとして数々のマスコミ取材多数

●法律では解決しないトラブル解決実績多数
●弁護士事務所からのトラブル解決依頼実績多数
●芸能人・プロスポーツ選手・政治家・医師・大学教授・教員等、
多種多様な有名人からの脅迫トラブル解決実績多数
●暴力団(ヤクザ)、右翼、半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等の
トラブル解決実績多数

●ニュースで取り付け騒ぎになってからでも大型詐欺事件解決実績多数

親身になってご相談に乗ります。完全秘密厳守 全国即時対応致します。


 ※相談内容次第で、相談内容が長くなり電話が繋がりにくくなることあるので、お急ぎの場合には、メールにてご相談ください。内容を拝見次第、即時、お返事致します。

             ご相談無料 完全秘密厳守

このホームページに関するお問合せは、電子メールにてお願い致します。
基本的にリンクは、フリーです。
Copyright(c) 1984−2018 脅迫被害100%完全解決・恐喝被害100%完全解決・リベンジポルノ100%完全解決・美人局被害100%完全解決・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル100%完全解決・縁切り100%完全解決|100%完全解決専門機関|脅迫被害相談解決所  All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。