北海道 札幌 青森県 青森 岩手県 盛岡 宮城県 仙台 秋田県 秋田 山形県 山形 福島県 福島 茨城県水戸 栃木県 宇都宮 群馬県 前橋 埼玉県 さいたま 千葉県 千葉 東京都 東京 神奈川県 横浜 新潟県 新潟 富山県 富山 石川県 金沢 福井県 福井 山梨県 甲府 長野県 長野 岐阜県 岐阜 静岡県 静岡 愛知県 名古屋 三重県 津 滋賀県 大津 京都府 京都 大阪府 大阪 兵庫県 神戸 奈良県 奈良 和歌山県 和歌山 鳥取県 鳥取 島根県 松江 岡山県 岡山 広島県 広島 山口県 山口 徳島県 徳島 香川県 高松 愛媛県 松山 高知県 高知 福岡県 福岡 佐賀県 佐賀 長崎県 長崎 熊本県 熊本 大分県 大分 宮崎県 宮崎 鹿児島県 鹿児島 沖縄県 那覇  全国47都道府県即時対応 
恐喝被害解決・脅迫被害解決・強要被害解決・リベンジポルノ問題解決・美人局被害解決・
暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル解決 縁切り解決等を、脅迫被害相談解決所独自の解決手法で確実に100%完全解決致します。

脅迫被害解決、恐喝被害解決、リベンジポルノ問題解決、美人局被害解決、縁切り解決
        暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織からの脅迫トラブル解決
           
           脅迫相談・100%完全解決専門機関

          脅迫被害相談解決所
                          (Kyouhaku.com)
 
                ホーム
芸能人・プロスポーツ選手・政治家・医師・大学教授・教員・公務員等、多種多様な有名人の
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等に脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
美人局での
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
不倫で交際していた恋人に脅迫されている
強要被害・脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
不倫を他人に知られて脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
 
出会い系サイトで脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
恋人から脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から
100%完全解決
 
リベンジポルノを防止したい
相談から100%解決
裸の写真・動画で脅迫されている被害相談から100%完全解決
リベンジポルノ(裸の写真や動画)調査
脅迫被害・恐喝相談から100%完全解決
復縁しろと強要や脅迫されている
強要被害・脅迫被害相談から100%完全解決  
立場を利用された
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
強請りやたかりをうけている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
因縁をつけられている
脅迫被害相談から100%完全解決
犯罪の弱みを握られての
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
仕事関係で弱みを握られての
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
家族の弱みを握られての
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
「セクストーション」(性的脅迫)裸の写真や動画等を撮影されて脅迫・恐喝されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
風俗で働いていることをばらすと言われて脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
援助交際によって弱みを握られての
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
売春の弱みを握られて脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
勤務先の風俗店の店長やオーナーから脅迫されている
脅迫被害・恐喝相談から100%完全解決
風俗で働けと脅迫されている
強要被害・脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
AV出演を強要・脅迫されている
強要被害・脅迫被害相談から100%完全解決
投資の損失で脅迫・恐喝されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
仕事の失敗で脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
子供が恐喝にあっている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
悪徳探偵社や復讐業者等に脅迫されている
脅迫被害・恐喝被害相談から100%完全解決
不倫や浮気相手と別れさせたい
別れさせ相談・縁切り問題相談から100%完全解決
一切付き合いたくない人物との
縁切り問題相談から100%完全解決
報道された恐喝被害事件 一部報道
報道された脅迫被害事件 一部報道
報道された美人局事件 一部報道 
報道されたリベンジポルノ被害事件 一部報道
報道されたセクストーション被害事件 一部報道
その他 あらゆる脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル等の相談から100%完全解決を行っています。
必ず解決しますので、勇気を出してご相談されて下さい。
誰にも知られずに、そして、後で逆恨みや復讐されることもなく解決することをお約束いたします。

脅迫被害相談解決所は、法律事務が仕事の弁護士事務所や警察・探偵事務所と何が違うか?

他では脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルの100%完全解決は出来ませんが、脅迫被害相談解決所は、解決依頼を請け負った案件については、100%完全解決を行うことが出来ます。
更に解決結果に対しては、ご依頼人の身の安全も含め永久保証も行っています。

脅迫被害相談解決所の100%完全解決とは、

@脅迫の材料(弱みの材料)の完全削除 
(全国即時対応で、迅速に、会社・家族・友人等、誰にも知られずに、完全秘密厳守で、脅迫や恐喝の材料となっている弱みの材料を、脅迫者に削除・破棄させたり・弱みの材料を回収致します。)

A脅迫者との永久の縁切り100%完全解決
(脅迫者及び恐喝者を、あらゆる方向から完全に封じ込めて、脅迫者や恐喝者が永久に関与してこれない100%完全解決を行います。)

Bご依頼人の身の安全保証
(脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルの100%完全解決をご依頼後は、責任もってご依頼人の身の安全も保証致します。)

C脅迫トラブル100%完全解決後の永久保証
(脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル100%完全解決結果に対して、永久保証も行いますので、脅迫者からの報復等のご心配はいりません。)


脅迫被害・恐喝被害・美人局・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)半グレ・不良等からの脅迫トラブルの対策、対処、対応は、脅迫被害解決専門の脅迫被害相談解決所に全てお任せください。

誰にも知られずに100%完全解決を行います。
脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルの相談を行っても弁護士事務所や探偵事務所では、何れも確実に100%完全解決が確実に出来ますと明言できるところは一切ありません。
明言しないのは、責任をもって100%完全解決出来ないからです。

弁護士も含め、解決出来ると言うところは、
「無視をする」「警察に行く」「弁護士の名を入れて通告を行う」「相談している事を話す」などの一時的な対応で解決できると嘘を言うのです。
そのような対応では完全解決ではありません。
その時だけおさまればいいだけの一時的な対応にしかすぎません。

世の中には、証拠さえ残さなければ、犯罪的なことをやってもいいと思う無法者たちは数多くいます。
弁護士に依頼したり、警察に相談したりして、一時的に問題は収まった後、後々、証拠が残らない方法で復讐されたという事例は非常に多いです。
警察や弁護士は、絶対に、復讐もないように解決してくれたり守ってくれたりは出来ません。

特に裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の弱みの材料を持たれている場合には、脅迫者にその弱みの材料(裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等)を削除や破棄させない限り、脅迫者に永久に裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の弱みの材料を持たれることになるのです。

リベンジポルノ防止法も出来ましたが、防止力は100%ではありません。
脅迫者が、少しネットの知識があれば、警察が捜査してもわからない手法で、ネット上で拡散させることは十分に可能なのです。

そのような裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の弱みの材料を持たれてる状況でも、裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の破棄や削除・回収を行い、脅迫被害問題解決、恐喝被害問題解決、リベンジポルノ問題解決、暴力団(ヤクザ)・半グレ等反社会的人物及び組織等とのトラブル解決・美人局恐喝被害問題解決を行い、脅迫者との縁切りを確実に行います。

脅迫被害相談解決所は、根本的な100%完全解決を行います。
更に解決結果に対しては、ご依頼人が安心して生活できるように、脅迫被害相談解決所では永久保証を行っております。

そのような脅迫解決専門の解決所は、日本では唯一、脅迫被害相談解決所だけです。

脅迫解決のご依頼後は、脅迫加害者・恐喝加害者の心理分析や脅迫者とのやりとりも、脅迫被害相談解決所に100%完全解決まで全てお任せ下さい。




芸能人・有名プロスポーツ選手・政治家・医師・大学教授・教員・公務員等
多種多様な有名人の駆け込み寺


★脅迫被害100%完全解決専門
★恐喝被害100%完全解決専門 
★リベンジポルノ問題100%完全解決専門
★美人局被害100%完全解決専門
★暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、
 反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル100%完全解決専門
★縁切り解決100%完全解決専門

  【信頼の証】30年以上の100%完全解決実績多数

秘密厳守で100%完全解決
相手からの報復皆無
身体を張って、永久にお守り続けます。(永久保証)

脅迫相談・100%完全解決専門機関  
 
脅迫被害相談解決所
   
【Kyouhaku.com】
                           
   東京都豊島区池袋4−17−3
         
     

TEL:050−1335−4283
              
      (IP固定回線)  
年中無休・受付時間
      AM9時〜深夜AM2時まで


メールアドレス(24時間受付)      info@kyouhaku.com          こちらまで、ご相談ください。


AV出演を強要・脅迫されている
強要被害・脅迫被害相談から100%完全解決


AV出演を強要・脅迫されている


悪徳AV業者に、罠にはめられ普通の女性が、AV出演 強要される

今時のAV業者は、悪質極まりないです。言葉巧みに、或いは強引に、普通の女性たちがアダルトビデオ・AVへの出演を強要される被害が増えています。

AV出演は、決して、特別な世界の話ではありません。一般の普通の女性が多数、AV出演強要や脅迫の被害に巻き込まれているのです。今は若い女性から熟女と呼ばれる世代幅広くいろんな年齢層の方が、被害にあっています。

@法的に知識が乏しい
A経済状態が困窮している  
B人から何か頼みごとをされると断りづらい性格


上記のようなことで、悪徳AV業者に付け込まれるケースが多いです。

一般の普通の女性が狙われやすいのは、AVには、素人というジャンルがあり人気もあります。
一般の普通の女性は、プロやセミプロ的なAV女優と違い、初々しく需要があるのだと思います。
また地方出身の女性も多く被害にあっています。
都会に憧れて出てきて、芸能界を夢見てたりの願望があり、そういう時に都会を歩いていて、モデルにならないかという風に言われると、警戒心がないので、これは私の人生を変えるチャンスと思ってしまいやすいです。
上京したばかりだと、友達や知人も少なく、親は離れている、身近に相談する人も周りにいない
事実、孤立しているわけです。

悪徳AV業者にとって格好の獲物となりえるわけです。

芸能界への憧れをもっている女性は多いです。そんな気持ちに悪徳AV業者は付け込んでくるのです。
本当に芸能界に憧れている女性が、本当に芸能界に入れるかもしれないと思いこむような信用させる、非常に巧みな詐欺テクニックが使われるのです。
実際に、誰でも知っているようないろんな有名人の名前を挙げて、その有名人たちも、昔はAV女優をやっていた過去があるんだよ等と言ったり、うちのプロダクションは、大きな芸能事務所とつながりがあるとか平気で嘘を言うのです。

無知な女性は、その詐欺トークに引っかかりやすく、本当か嘘か分からないけれども、信じてしまってしまうのです。
この信じるというのは、人間は信じたいほうの情報をいい風に解釈していくという人間心理を巧みに利用しているのです。
この仕事(AV出演)すれば、いつかは芸能人の仲間入り出来るんじゃないかと思う女性は多いのです。
また真面目で責任感が強い女性ほど、巻き込まれやすいです。

AV出演強要の悪徳手口はまず

@詐欺話と詐欺トークで夢を持たせる
A契約書に署名・なつ印をさせる事が悪徳AV業者の要になります。


契約書に署名捺印させる事

手口として、考えさせない、冷静な判断をさせないために30分以内に契約書にサインさせることが、悪徳AV業者のマニュアルにあるそうです。
契約書にサインさせる為に、酷い暴力や脅かし・監禁される被害事例もあります。
そして契約書の中には
サインさせた女性を陥れる為のキーワードが散りばめられているのです。
必ずあるキーワードは

成人向けである場合もある
損害賠償
違約金

この損害賠償や違約金というキーワードが、女性をAV撮影に追い込む決定的なキーワードになるのです。

いったん契約書に署名・なつ印をすると
真面目で責任感が強い女性ほど
契約書にサインしたからやらなければならない
仕事だからやらなければならないという風に思い込んでしまうのです。

誰にも相談出来る話でないので、ますます孤立し、逃れられないという風になりやすいのです。

悪徳AV業者は、社会のゴミともいえる存在です。
AV出演強要や脅迫被害にあい、撮影したAVが公開されたり流出したりして実際に自殺に追い込まれる女性も珍しくありません。


このような己たちの欲望のままに女性を脅かし脅迫してくる悪徳AV業者こそ社会に不要な存在であります。
情けをかける価値さえありません。

悪徳AV業者に、強要や脅迫の被害に遭ったら、絶対に許してはなりません。
契約書に署名・なつ印した状況や、AV撮影もされてしまった状況でも、脅迫相談解決所に相談ください。

悪徳AV業者に、悪徳弁護士がついてようが、悪徳AV業者が暴力団関係者や半グレ・不良等の反社会的組織や個人だったとしても、脅迫被害相談解決所が必ず救済する事をお約束いたします

AV出演強要に関する実態に関する報道


  こちら特報部 せめぎ合う AV出演強要問題(上)
2016.09.24 朝刊 

 人権団体が告発したアダルトビデオ(AV)への出演強要問題。国会でも取り上げられ、政府が実態把握を進めている。人権団体側は、強要に対する刑事罰の創設などを求めているが、新たな法規制には、専門家の間から「AV業界への差別意識を助長する」などと反対論が出ている。出演者を支援する団体を立ち上げた元AV女優で作家の川奈まり子さん(48)は「出演者の人権を守ると同時に、業界の健全化を図りたい」と訴える。 

 人権団体「法規制を」

 「差別助長 地下化する」

 今月十二日、内閣府男女共同参画会議の「女性に対する暴力に関する専門調査会」はAV出演強要問題を俎上(そじょう)に載せた。有識者として出席した青山薫・神戸大教授(社会学)は、規制強化に反対を表明した。

 「取り締まりが厳しくなれば、業界に対するスティグマ(負のレッテル)が強まることは、各国の先例が教えている。アンダーグラウンド(地下)化する恐れもあり、労働条件の悪化にもつながりかねない」

 専門調査会が出演強要問題を議論するきっかけになったのは、人権団体「ヒューマンライツ・ナウ(HRN)」が今年三月三日に公表した調査報告書だ。

 報告書は、モデルやタレントとしてスカウトされながらAV出演を強要された女性が急増していると指摘。「高額な違約金が発生する」と脅されて うつ病になった女性や、多数回出演させられた末に自殺した女性の事例も紹介した。

 共産党の池内沙織衆院議員は三月十一日の衆院内閣委員会で、報告書について「生々しい事例に目を向けてほしい」と促した。政府は六月二日、「AV出演強要は女性に対する暴力。政府として実態の把握に努め、被害者に対する支援の拡充を図りたい」との答弁書を閣議決定した。

 こうした動きを受けて専門調査会は六月末の会合で、HRN事務局長の伊藤和子弁護士を呼んだ。

 伊藤弁護士は席上、「AVプロダクションは、出演女性とあたかも対等であるかのような契約を結ぶことで、労働契約でないことにして法の適用を免れている」と説明した上で、「被害者が泣き寝入りする状態が続いている。監督官庁の設置や違法・不当な勧誘の禁止、意に反して出演させることの禁止を定め、違反した場合は罰則を科す救済立法を制定してほしい」と提案した。

 聞き取り調査の第二弾が、冒頭のヒアリングだった。青山教授は、川奈さんらが七月に設立した一般社団法人「表現者ネットワーク(AVAN)」のアドバイザーも務める。

 青山教授は「こちら特報部」の取材に「業界全体を『悪』として描くべきではない。差別意識が助長され、出演女性は『AVに出たら二度と普通の生活に戻れない』と追い込まれてしまう」と危ぶんだ。

 警視庁は六月、所属モデルをAVの撮影に派遣したとして、AVプロダクション元社長を労働者派遣法違反の疑いで逮捕した。同社とモデル契約した女性が被害を訴え出たことで逮捕に至った。つまり現行法でも摘発できるケースはあるわけだ。この点、伊藤弁護士は取材に「現行法では不十分。規制を強化し、無権利状態の女性を守る必要がある」と強調した。

 規制強化反対論には「人権侵害がたとえ一件でもあれば、たださなければいけない。スポーツでも文化でも監督官庁はあるのに、AVには所管の官庁すらないため、被害が広がっている」と反論した。


 2016・9・24

 AV絡みの「言論弾圧」で想起されるのは、二〇〇七年の「ビデ倫事件」である。アダルトDVDの自主審査機関「日本ビデオ倫理協会」の審査責任者らが、わいせつ図画販売ほう助罪などに問われた。日本ペンクラブが抗議声明を出している。表現規制は慎重の上にも慎重を期したい。 (圭)

 [狙われる女性](1)「モデルに」勧誘 AV出演強要(連載)
2016.09.07 東京朝刊

 ◆ネット上 流れ続ける映像

 若い女性を狙った性暴力が問題になっている。アダルトビデオ(AV)への出演強要、「JK(女子高生)ビジネス」の広がりなどだ。映像がネットに流出するなどして被害が深刻化する一方、一人で悩みを抱え込む女性も多い。被害の実態と支援について考える。

 「芸能事務所にだまされて、AVに出演してしまった」

 関東地方の女性(26)は、大学4年生だった2012年夏、「グラビアモデルを探している」と東京都内で男性から声をかけられた。当時の夢は歌手デビュー。「水着になれば、音楽でデビューさせる」と言われ、芸能事務所の社長を紹介された。事務所に所属するという契約書を書かされたが、じっくり読む時間はなく、コピーも渡されなかった。

 その後、水着撮影と聞いていた仕事で、ヌードを撮影された。さらに「AVに出演しないと次の仕事はない」「出たら芸能界で成功できる」などと社長らに言われ続けた。「事務所で男性5、6人に囲まれて説得されるなど洗脳されたような状態だった」

 AV撮影の際に泣いて撮影が中断すると、「ここのスタッフにも家族がいる。責任を取れるのか」と脅された。2本目も出演したが、お金が払われないうちに事務所が倒産したと聞かされた。「連絡も取れなくなりました」。映像は今もネットに流れている。

 AV出演で若い女性が被害に遭うケースが広がっている。「モデルにならないか」などと勧誘され、AVと知らないまま業者と契約を交わして出演を強要されたり、拒否すると法外な違約金を請求されたりする。「親にばらす」と脅されることもある。被害者支援を行っているNPO法人「人身取引被害者サポートセンターライトハウス」によると、相談件数は2013年は1件だったが、14年は36件、15年は62件、今年は8月末時点ですでに74件に上る。

 同NPOの瀬川愛葵さんは、「被害は18〜25歳くらいの社会経験の少ない女性に集中している。性行為を強要し、映像を人目にさらすことは著しい人権侵害」と憤る。心的外傷後ストレス障害に悩まされる人や自殺した人もいる。

 無料動画がネット上にあふれる中、メーカーがコストを下げて多くの新作を出すため強引に女性を出演させているとの指摘もある。「被害者が声をあげ始めているが、泣き寝入りしている人も多いはず」と瀬川さん。

 インターネットの普及で、被害は深刻化している。支援団体には、「数年前に撮影された映像が、今もネット上に出回っている」「家族や恋人に知られたくない」などの相談が寄せられている。弁護士らの協力を得て、メーカーやサイト運営者に映像の販売停止や削除を求めているが、一度流出した映像は拡散し、完全に消し去ることは困難だ。

 今年6月には、東京の芸能事務所の元社長らが、所属モデルを本人の意思に反してAVの撮影現場に派遣したとして、労働者派遣法違反容疑で警視庁に逮捕された。モデルを本人の意思に反して、性交渉を含むAVへ出演させたことは、同法が禁じる「有害業務」にあたるとした。

 女性との契約を直接の雇用契約でなく、「委託」などの形にして、法の適用を免れようとする業者もいる。児童ポルノ禁止法も18歳未満が対象だ。NPO法人「ヒューマンライツ・ナウ」事務局長で弁護士の伊藤和子さんは「不当な勧誘の禁止、作品の販売差し止めなどを含む法整備が必要」と指摘する。

 政府は6月に、「AVへの出演強要は女性に対する暴力」との答弁書を閣議決定した。内閣府暴力対策推進室は「実態を把握し、被害者が相談しやすい体制作りなどを探っていく」という。

 ◆勇気を出して相談を

 「深刻な被害があることを知り、安易に契約しないで」と支援団体「ポルノ被害と性暴力を考える会」の宮本節子さんは呼びかける。

 芸能事務所などから示される契約書は難解で、仕事がAVであることの説明もなされないまま、署名させられる例が目立つ。契約後、出演を強要された場合、支援団体に相談すれば、事務所との交渉なども手伝ってくれる。

 「自分が悪いと考える被害者も多いが、一人で抱え込まないで。勇気を出して相談してほしい」と話す。
 社説/若年層への性暴力/法整備、支援の充実を急げ/10代、20代の若年女性に対する性暴力の形態が多様化し、被害が急増している。アダルトビデオ(AV)への出演強要や、制服姿の女子高校生の接客サービスを売
2016.07.22 河北新報記事情報 

若年層への性暴力/法整備、支援の充実を急げ

 10代、20代の若年女性に対する性暴力の形態が多様化し、被害が急増している。アダルトビデオ(AV)への出演強要や、制服姿の女子高校生の接客サービスを売り物にした「JKビジネス」などが横行、被害者支援団体や専門家が警鐘を鳴らす。

 女性活躍社会の未来を担う若い世代が人権を侵され、体も心も傷つけられている。誰にも相談できず、一人苦しんでいる。そんな深刻な事態を許しておくわけにはいかない。防止対策や被害者救済のための法規制を急がなければならない。

 タレントやモデルにならないかとスカウトされ、実際はAVの撮影で性行為を強要される。そうした被害の相談は、被害者支援団体によると2012年、13年には各1件だったが14年に31件、15年には81件と急増。今年も6月までに65件が寄せられているという。

 AVと知らずに業者と契約書を交わし、出演を拒めば法外な違約金を要求されたり、「親にばらす」と脅迫されたりするといった事例がほとんどだ。自殺に追い詰められたケースもある。

 問題なのは、こうした業者を監督する官庁も、取り締まる法律もないことだ。業者は現行法の規制を巧妙に逃れ、野放し状態になっている。

 JKビジネスも、表向きの業態は法律に抵触しない。しかし、実態は性的サービスが求められ、少女たちは性犯罪の危険にさらされている。

 困難を抱えた若年女性の相談活動をする団体は、少女たちの背景には親の虐待や家庭の不和、貧困があると指摘する。居場所を求めて、あるいは生活費や学費の工面のため、ビジネスに足を踏み入れてしまうケースが少なくない。

 被害に遭っても相談窓口などの情報を知らず、大人への不信感から誰にも相談できないまま孤立し、自己肯定感が低いため自暴自棄に陥る傾向があるという。

 被害者救済のためにまず急ぎたいのは、被害者が駆け込みやすく、必要な保護やカウンセリング、治療などを1カ所で受けられるワンストップ支援センターの設置促進だ。宮城、福島など27都道府県で開設されているが、さらに数を増やし、体制の充実を図ってほしい。

 精神的なケアを含め中長期的にサポートできる体制や、被害者が緊急時に逃げ込めるシェルターも必要だろう。

 抜本的な対策としては、全ての性暴力の禁止・処罰に適用され、被害者支援や予防教育などについても規定した包括的な法の整備が不可欠だ。

 政府は5月にまとめた「女性活躍加速のための重点方針2016」に、「児童の性に着目した新たな形態の営業など、若年層を対象とした暴力の多様化を踏まえて実態把握に取り組み、若年層に対する啓発活動、教育・学習の充実を図る」ことを盛り込んだ。

 性産業のほかにもリベンジポルノやデートDVなど、若年層の性を脅かす危険は多様だ。学校はもちろん、さまざまな場で啓発、教育の機会を増やし、予防を訴えるとともに情報提供や人権意識を高める取り組みの徹底を望む。(2016・7・22)

 労働者派遣法違反:モデルAV出演 容疑で芸能プロ元社長逮捕
2016.06.13 東京夕刊 

 アダルトビデオ(AV)に出演させるために所属モデルの女性を撮影現場に派遣したとして、警視庁保安課は13日、東京都渋谷区の芸能プロダクション「m」の元社長、m容疑者(49)=東京都世田谷区代沢3=ら3人を労働者派遣法違反容疑で逮捕したと発表した。同課は性行為を含むAVの出演は、同法が派遣を禁じる「公衆道徳上の有害な業務」に当たると判断した。

 逮捕容疑は2013年9月30日と10月1日、同社所属の20代の女性モデルをAV制作会社に派遣し、神奈川県内でAVの撮影をさせたとしている。

 同課によると、女性は「グラビアモデルの仕事ができる」と説明を受け同社と契約。契約書にはAVへの出演も記載されていたが、女性には十分な説明がなく、契約書のコピーも渡されなかった。女性がAVへの出演を拒否しようとすると、「違約金を払え」などと迫られ、AV作品に出演させられたという。

 大手AVプロ元社長逮捕 労働者派遣法違反容疑 女性「出演強要された」
2016.06.12 東京朝刊

 経営していた芸能事務所に所属していた女性を、実際の性行為を含むアダルトビデオ(AV)の撮影に派遣したとして、警視庁が11日、労働者派遣法違反容疑で、大手AVプロダクション「m」(東京都渋谷区)の40代の元社長ら同社の男3人を逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。女性が「AV出演を強いられた」と警視庁に相談して発覚した。

 労働者派遣法は実際の行為を含むAVへの出演を「公衆道徳上有害な業務」として規制している。捜査当局が同法を適用して強制捜査に踏み切るのは異例。

 逮捕容疑は平成25年9月ごろ、m社に所属する女性を、みだらな行為を含む撮影のためAVメーカーに派遣したとしている。複数の女性が類似の相談をしており、メーカー側も女性が嫌がっていることを知った上で撮影していたとみられる。警視庁はm社やグループの「f」(同)を家宅捜索。メーカーの「c」(港区)、「p」(練馬区)も捜索した。

 実際の行為の撮影は、同法をはじめ複数の法令に抵触する可能性があり、AVは演技を撮影することが前提とされている。業界関係者によると、過激な内容をうたう海外発のインターネット上の動画配信サイトが拡大していることなどから、既存の大手メーカーでも同様の撮影が横行しているという。警視庁は、業界内で違法な撮影が常態化していたとみて実態解明を進める。

 AVの撮影が労働者派遣法の有害業務にあたるかどうかについては、判例上、「撮影時の行為の内容で判断すべきだ」とされており、製品内容とは関係がない。
 アダルトビデオ 悪質な勧誘・契約横行、人権侵害の声も
2016.06.12 東京朝刊 

 アダルトビデオ(AV)をめぐっては、出演者への悪質な勧誘と契約が問題となっている。女性を支援する団体には、タレントとして所属したにもかかわらずAV出演を強要されたなどの被害相談が急増している。拒否した女性に対し、契約を盾に高額の違約金を請求する例もあり、業界関係者も「人権侵害とみられても仕方がないケースもある」と語る。

 ▼「違約金払え」と迫る

 《モデル数業界ナンバーワンは安心の証です》《やりたくないことがあるなら、それを事前に話し合い、お互いの了承の上で仕事を進めるものです》

 元社長らが摘発されたプロダクション「m」は、サイト上で「安心感」を強調する文言を並べ、AV出演者やモデルを募集していた。

 関係者によると、今回、警視庁に相談した女性はグラビアモデルとして平成21年に契約。ところがその後「AVの撮影をする」と告げられて、撮影現場に連れていかれた。女性は拒否したが契約を理由に「違約金を払え」「親に言うぞ」などと迫られ、数年間にわたり繰り返し出演せざるを得なかったという。

 捜査関係者は、「家宅捜索時、関係者らは捜索を受けた理由についてピンときていなかったようだ」と明かす。警視庁は違法な撮影が業界内で常態化しているとみており、摘発を機に実態解明を目指す。

 ▼一人で悩まず相談を

 AVをめぐる被害者支援などを手がける「ポルノ被害と性暴力を考える会」によると、同会に寄せられる相談は26年ごろから急増しているという。

 人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」が3月に公表した報告書によると、職業安定法などには有害な業務から労働者を守る規定があるが、プロダクションなどは労働契約ではなく、女性がマネジメントを「委任」「委託」した形の契約にするなどして巧みに規制を逃れるという。ただ、こうした契約でも「意にそわないAV出演に従う必要はない」と関係者は指摘する。民法上、契約が公序良俗に反するものであった場合、契約自体が無効とされる。

 実際、女性側が法廷で勝訴した例もある。昨年9月、AV出演を拒否した20代の女性にプロダクション側が違約金約2400万円を求めた訴訟で、東京地裁(原克也裁判長)は「プロダクションは莫大(ばくだい)な違約金を盾に、意に反して出演を迫った」として、支払い責任はないと判断した。

 「ポルノ被害と性暴力を考える会」担当者は「『誰にもばれない』などと言って撮影しない理由をそいでいくのが業者の常套(じょうとう)手段。女性は一人で悩まず相談してほしい」としている。

 大手AVプロ元社長逮捕 派遣法違反疑い 女性「出演を強要」
2016.06.12 大阪朝刊 

 経営していた芸能事務所に所属していた女性を、実際の性行為を含むアダルトビデオ(AV)の撮影に派遣したとして、警視庁が11日、労働者派遣法違反容疑で、大手AVプロダクション「m」(東京都渋谷区)の40代の元社長ら同社の男3人を逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。女性が「AV出演を強いられた」と警視庁に相談して発覚した。

                   ◇

 同法は実際の行為を含むAVへの出演を「公衆道徳上有害な業務」として規制しているが、捜査当局が強制捜査に踏み切るのは異例。

 逮捕容疑は平成25年9月ごろ、m社に所属する女性を、みだらな行為を含む撮影のためAVメーカーに派遣したとしている。

 複数の女性が類似の相談をしており、メーカー側も女性が嫌がっていることを知った上で撮影していたとみられる。

 警視庁はマークス社やグループの「f」(同)を家宅捜索。メーカーの「c」(港区)、「p」(練馬区)も捜索した。

 実際の行為の撮影は、同法をはじめ複数の法令に抵触する可能性があり、AVは演技を撮影することが前提とされている。一方で業界関係者によると、過激な内容をうたう海外発のインターネット上の動画配信サイトが拡大していることなどから、既存の大手メーカーでも同様の撮影が横行しているという。警視庁は、業界内で違法な撮影が常態化していたとみて実態解明を進める。

 AVの撮影が労働者派遣法の有害業務にあたるかどうかについては、判例上、「撮影時の行為の内容で判断すべきだ」とされており、製品の内容とは関係がない。

                   ◇

 ■「グラビアモデル」契約→撮影現場に 悪質な勧誘 横行

 アダルトビデオ(AV)をめぐっては、出演者への悪質な勧誘と契約が問題となっている。女性を支援する団体には、タレントとして所属したにもかかわらず事務所からAV出演を強要されたなどの被害相談が急増している。拒否した女性に対し、契約を盾に高額の違約金を請求する例もあり、業界関係者も「人権侵害とみられても仕方がないケースもある」と語る。

 ◆「違約金払え」

 《モデル数業界ナンバーワンは安心の証です》《やりたくないことがあるなら、それを事前に話し合い、お互いの了承の上で仕事を進めるものです》

 元社長らが摘発されたプロダクション「m」は、サイト上で「安心感」を強調する文言を並べ、AV出演者やモデルを募集していた。

 関係者によると、今回、警視庁に相談した女性はグラビアモデルとして平成21年に契約。ところがその後「AVの撮影をする」と告げられ、撮影現場に連れられた。女性は拒否したが、契約を理由に「違約金を払え」「親に言うぞ」などと迫られ、数年間にわたり繰り返し出演せざるを得なかったという。

 捜査関係者は「家宅捜索時、関係者らは捜索を受けた理由をピンときていなかったようだ」と明かす。

 警視庁は違法な撮影が業界内で常態化しているとみており、摘発を機に実態解明を目指す。

 ◆相談数は急増

 AVをめぐる被害者支援などを手がける「ポルノ被害と性暴力を考える会」によると、同会に寄せられる相談は26年ごろから急増しているという。

 人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」が3月に公表した報告書によると、職業安定法などには有害な業務から労働者を守る規定があるが、プロダクションなどは労働契約ではなく、女性がマネジメントを「委任」「委託」した形の契約にするなどして巧みに規制を逃れるという。

 ただ、こうした契約でも「意にそぐわないAV出演に従う必要はない」と関係者は指摘する。民法上、契約が公序良俗に反するものであった場合、契約自体が無効とされるからだ。

 実際、女性側が訴訟に勝った例もある。

 昨年9月、AV出演を拒否した20代の女性にプロダクション側が違約金約2400万円を求めた訴訟で、東京地裁(原克也裁判長)は「プロダクションは莫大(ばくだい)な違約金を盾に、意に反して出演を迫った」として、支払い責任はないと判断した。

 「ポルノ被害と性暴力を考える会」の担当者は「『誰にもばれない』などと言って撮影しない理由をそいでいくのが業者の常套(じょうとう)手段。女性は一人で悩まず相談してほしい」としている。

 身も心も“奴隷”、スカウトされAVへ あなたの子どもが危ない
2016.01.29 週刊朝日 

 男女問わず若者が被害に 訴訟で画期的判決、出演契約は解除できる


 アダルトビデオ(AV)出演を拒否した女性が、プロダクションから「2460万円の違約金」を支払うよう訴えられた。東京地裁は昨年9月、原告敗訴の判決を言い渡したが、AV出演にまつわる驚きの実態が明るみに出た。支援団体には、男女116人から救いのSOSが入っている。若者を狙う手口は巧妙になってきている。


 「次の仕事はAVの撮影」。A子さんがその事実を知ったのは、撮影前日。事務所で台本を手渡されたときだった。

 当時、A子さんは20歳になったばかり。あまりにも驚いて、すぐに「できません」と抵抗したが、プロダクションのマネジャーは、平然とこう言い放った。

 「契約した以上、現場に行かなければならないことぐらい、わかってるよね」

 「どうしても、指示に従えないなら、違約金を支払ってもらうよ。100万円、現金で用意できるの?」

 A子さんがタレントとして、このプロダクションに所属したのは高校生のとき。駅前で「タレントに興味ない?」と声をかけられたことがきっかけだった。「とてもうれしかった」ので、何度か食事を一緒にした。そのたびにスカウトマンからサクセスストーリーを聞き、信頼できる人と思い、後日、A子さんはタレント活動をするための契約書に署名・拇印した。

 実績のあるプロダクションは、未成年と契約するときは親の同意を得る。だが、A子さんの場合、親の同意は得なかった。

 仕事は着エロ(衣服は着ているが、バストや性器を強調するポーズを取る写真や映像)のビデオ撮影だった。すぐプロダクションをやめたいと申し出たが、「100万円の違約金が発生する」と言われた。その後も、マネジャーは「契約書」と「違約金」を盾に、仕事を回してきた。断ると「親に連絡するぞ」「学校に知られてもいいのか」と脅された。

 撮影後のA子さんへの報酬は一切なかった。だが、「契約書がある限り、嫌でも仕方がない」と繰り返し言われ、仕事に行かなかったときは、身の危険を感じるできごともあった。

 その結果、追い詰められたA子さんは、「我慢して、言うことを聞けば、嫌な仕事も終わる」と思うようになったという。今回のAVの仕事も、大人の男たちとの押し問答の末、A子さんは引き下がるしかなかった。

 撮影では、台本通りのセリフやポーズを指示され、初めて会う男性とのセックスを、スタッフの前で何度も強要された。撮影は翌日も続いた。A子さんは「陰部に激痛を感じる」と訴えたが、そのまま強行された。

 想像していた以上の現場の進行ぶりに、ショックで放心状態になり、抵抗する力も奪われた。終了後、「この映像を多くの人が見る」と思うと、底知れぬ不安感と恐怖に襲われ、眠れなくなった。

 A子さんはその後も、プロダクション側に「AVの仕事は、どうしてもやめさせてほしい」と懇願。だが、そのたびに、マネジャーからこう言われた。

 「あと9本撮影しないとやめられない」「違約金1千万円を払ってもらう」

 当初の違約金100万円が10倍に跳ね上がったのは、AV撮影初日の夜、新たな契約書にサインするよう指示され、それが10本分の契約だったからだ。

 契約書にサインするとき、そんな説明はなかったので、気づいたときは声も出ないほど、愕然とした。自分だけではどうしても抜け出せない泥沼にはまり込み、「死にたい」とまで思い詰めるようになった。

 そんなとき、インターネットで「AV」「違約金」と言葉を入れて検索すると、支援団体「ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS)」(※)のホームページにこう書かれていた。

 ――AV出演の契約は効力を持たず、違約金を支払う義務はありません。

 夜中の2時過ぎ、A子さんは、すぐメールを送った。

 「AVの仕事が断れず困っています。助けてください」

 15分後、PAPSの相談員から返信が届き、翌日から事態が急展開した。

 A子さんはPAPSの相談員と弁護士の支援でプロダクションとの契約解除の手続きを取った。すると、プロダクションはA子さんに対し、「違約金2460万円を支払え」と提訴してきた。1千万円から、さらに、倍以上に金額が跳ね上がっていた。

 この訴訟の判決が2015年9月、東京地裁で確定した。原克也裁判長は「AVの出演は、出演者の意に反して、これを従事させることが許されない性質のもの」と指摘し、出演者が嫌だと明確に表明すれば、すぐに契約は解除できるとの判断を示した。


 ■契約書を盾に出演に追い込む

 A子さんとプロダクションとの関係は、表向き対等である委任契約だったが、実態は完全な従属関係だった。原裁判長は、AV出演の拒否について「債務不履行による損害賠償義務を負わない」とし、原告(プロダクション)の請求は棄却された。

 この裁判が画期的だったのは、被告の女性(A子さん)が裁判所に一度も出廷する必要がなかったことだ。被告女性が出廷を望んでいなかったため、弁護士が手続きし、裁判長も「その必要はない」と判断。裁判で事実を説明することは、女性にとってとてもハードルが高い。

 A子さんの弁護団の一人である伊藤和子弁護士は、「違約金を支払えないから知らない人との性行為を強要される労働は、“債務奴隷”ともいえる強い人権侵害です」と訴える。

 こうした事例は女性にとどまらない。男性のBさん(20)の場合は、ネットで「メンズモデル募集」を見て面接に行ったところ、仕事はゲイ向けのビデオ撮影だった。

 「男性と性行為をすれば、もっとギャラが上がるよ」「マニアック向けなので、友人には絶対にバレない」 複数のゲイの男性から言われて断れない状況になり、撮影に応じた。その後、ネットで大々的に販売され、同級生や知人に出演を知られてしまったという。

 伊藤弁護士は、14年夏ごろからインターネットメディアの記事や自身のブログに「AVタレントの契約実態」を書き込み、「契約は解除できるから相談してほしい」と呼びかけてきた。ネット記事のシェア数は2万4千件。全国から男女116人がPAPSに救済と支援を求めている。

 この裁判をきっかけに、AV出演にまつわる実態が明らかになった。AV出演までのプロセスには、若い男女の心理を操る巧妙な手口が見え隠れする。

 そのきっかけは、主に「スカウトする」「ロケなどと声をかけて、その場で説明する」「モニター募集やモデル募集に応募してきた人をAVに出演させる」の3タイプに大別される。

 スカウトは、駅や街で行き交う人の中から「モデルの仕事、やってみない?」と声をかけ、喫茶店に誘い込む。雑談しながら距離を縮めて安心させると、帰り際、「写真だけ撮らせて」とスタジオへ連れ込む。撮影では私服姿だけでなく、カメラマンの声がけで、女性の場合、いつのまにかトップレスの写真を撮られてしまうこともある。

 このとき、20歳未満でないことを確認するために学生証や健康保険証などの身分証明書のコピーを必ず取る。AV業界にも自主規制があるからだ。

 そして、その場で契約書に署名・拇印をさせることが多い。こうして、「写真」「身分証明書のコピー」「契約書」を盾に、逃げられない状況を作り込む。「1人契約すれば、2千万〜3千万円が動く」「目をつけた女性は、口説き落とす」と豪語するスカウトマンもいる。

 そもそも契約書には出演者に不利な内容が多い。例えば、報酬額は明示されていないことがある。それにもかかわらず、「事務所の指示に従わない場合は違約金を支払うこと」と書いてある。違約金条項にも金額の記載がない。


 ■出演後の映像回収は困難

 女性の場合は契約書に、「撮影後、妊娠や性感染症がわかっても、一切、賠償や責任を求めないこと」と記載されていることもある。撮影後、緊急避妊ピル(セックス後、72時間以内に服用すると避妊できる薬)が渡されているともいう。

 それでも、責任感のある女性ほど、「現場に穴をあけるわけにはいかない」と考えるため、AV制作のアリ地獄にはまりやすい。

 「最終的に、女性たちは穏便にすませたいため、『1本だけ我慢すればいいなら』と出演に応じます。でも、1本で終わることはほとんどない。6〜10本の契約で縛られていることが多いのです」(PAPS相談員)

 ドメスティックバイオレンス(DV)など精神医学を研究する、筑波大学の森田展彰准教授(社会精神保健学)は、スカウトマンと女性の心理的メカニズムをこう説明する。

 「男性が威圧的な言動や行動を繰り返す強い外的圧力によって、女性の自己決定力が弱まることがあります。例えば、(前出の)裁判のプロダクションと女性のやりとりからは、女性の尊厳や安全性が脅かされる言動が繰り返されています。自分の価値観が崩れ、気持ちが混乱し、相手に支配されやすくなります。このような状況を意図的に作り出すことで、女性が性被害を受けていると言えるでしょう」

 しかも、一度AVに出演してしまうと、その映像は未来永劫、人目に触れる可能性がある。

 スカウトマンの常套句は、「年間10万本の新作が市場に出ていくなか、君が出演する作品なんて星屑の一つに過ぎないんだから。誰にもバレないよ」

 ところが、商品はインターネットでキャッチフレーズとともに販売され、すぐ周囲に知られる。ある20代女性は友人・知人の言動に耐えかねて、商品の回収や販売を差し止めようとした。

 だが、映像の著作権は制作会社側に帰属しているため、違約金400万円を支払うことになった。商品の肖像権については、AV関係者でも「期限を設定するなどの規制も必要」と話す。

 前述の伊藤弁護士は「『嫌だけど出演して、あとで何とかなるかもしれない』はすごく甘い。AVに出演することが嫌なのであれば、とにかく撮影に応じないでほしい」と強く助言する。

 法的には、AV女優の募集やプロダクションからのAV制作現場への出演者派遣行為は、判例で職業安定法や労働者派遣法の「公衆道徳上、有害な業務」とされ、処罰の対象となっている。だが、実際の運用は不十分だ。

 さらに、タレント事務所やプロダクションに対する監督官庁はなく、届け出の必要もない。伊藤弁護士は「労働契約であれば厚生労働省、あるいは、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)であれば警察庁が監督すべきだ」と提言する。

 社会の意識を変えていく必要もある。制作側と出演者の間で少額でも金銭の授受が発生すれば不当には当たらないと考える風潮がある。だが、PAPSの相談員は強い口調で、こう話す。

 「トップのAV女優がブログで『セックス大好き』『信念を持って、この仕事に取り組んでいる』と書いていても、私たちには『死にたい、死にたい、死にたい』と何度もメールを送ってきます。それが本当の心の内ではないでしょうか」

 弱い立場にある若い世代が泣き寝入りしなくてもすむような仕組みの構築が急務である。


報道でもありますが、東京の芸能プロダクションの元社長ら3人が、AVの撮影と知りながら、女性を撮影現場に派遣したとして、警視庁に逮捕され、罰金の略式命令を受けたのです。

この逮捕は異例のことでしたが、このような被害はほんの氷山の一角だと言えるでしょう。

司法機関が動くのが遅すぎくらいです。

実際の話、悪質なAV業者の被害が広がり、悪質な勧誘や契約が相次いでいる実態があります。

まず騙しの手口として

芸能界デビューの話、モデル勧誘の話、夢を抱く女性の心理に付け込み、AV強要被害は相当数いると思われます。

騙されてAV強要されて実際に自殺した女性も決して珍しくありません。

女性の人生をめちゃめちゃに破壊する犯罪行為を行い、悪質度が高いにも関わらず、罰金で済むなど許しがたいことだと思います。

また、このような悪質なAV業者には、悪徳弁護士もついています。

社会の害虫の手助けをするような悪徳弁護士など存在価値すらありません。

本人の意思に反してAVへの出演強要を行うこと自体、女性に対する卑劣な暴力だと思います。


芸能界デビューやモデル勧誘などの悪質な詐欺勧誘の手口も多いですが、簡単なアンケートやAVとは想像できない取材協力等 協力しやすい名目でも、AV業者は近づいてきます。
現金という謝礼を全面に出し、言葉巧みに、車の中や事務所中まで連れて行き、断れない状況にして、騙し的要素も加わり同意書や契約書を書かせます。
同意書や契約書を書かせた後は、脅迫的要素も加わり、怖くなってAV出演させられるケースも多いです。
AV出演も拒否するとAV業者は弁護士を使い、数千万円の損害賠償請求をしてきたりもします。
このような悪徳AV業者の依頼を請けるような弁護士は悪徳弁護士と言えます。
AVなど出演したくないのにAV出演強要やAV出演脅迫をされている逃げ場のない状況の女性
脅迫被害相談解決所が、必ず救済します。
悪徳AV業者、悪徳弁護士、暴力団(ヤクザ)(悪徳AV業者には暴力団(ヤクザ)がついているケースも多いです)達との脅迫被害問題、強要被害問題、恐喝被害問題、縁切り問題等を確実に解決いたします。
勇気を出してご相談ください。

脅迫被害相談解決所が、確実に脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル等の100%完全解決を行い、永遠に脅迫者たちが関与してこないようにお守りいたします。


人の 弱みに付け込んだ強要、脅迫、恐喝は人間として許せることではありません。




平たく書きますが、脅迫や恐喝の基本的なメカニズムとして

脅かし・強請・脅迫・恐喝する側の心理
(脅かし・強請・脅迫・恐喝加害者)

有利な材料(脅かし・強請・脅迫・恐喝できる弱みの情報や証拠)を持っているので相手は要求どおりいうことを聞く


脅かし・強請・脅迫・恐喝される側の心理(脅かし・強請・脅迫・恐喝被害者)

相手の要求どおりに従えば、脅かし・強請・脅迫・恐喝問題(悩み)も終わりに出来て、人生が壊されることもなく解放される。


殆どのケースでは、脅かしや強請・脅迫や恐喝してくる側の要求は、最初は小さいことが殆どですが、最初から大きな要求をしてくるケースもあります。
大きな要求の場合、一発屋といって、その1回で出来るだけ多くの要求をのませようとします。
これが金銭的要求なら、脅かし・強請・脅迫・恐喝被害者がどれだけの金銭を用意できるかを値踏みして要求してきます。
小さい要求だと通りやすく、また脅迫や恐喝される側も、この1回で終わるならと要求をのんでしまうことが多いです。
しかし、その1回が大きいのです。
脅迫者の要求を1回でも従うというこの壁は、後に大きな意味を持ちます。
脅迫相手の要求を1回でものんでしまうと、次なる要求がくることが殆どです。
脅迫犯や恐喝犯にとって、一度要求を聞いた相手は、打ち出の小槌のようなもので、甘い汁(金品や肉体的快楽)を吸った脅迫者や恐喝者は、簡単に手放そうとはしません。
また、よくあるケースで女性が不倫を材料に脅迫されて、脅迫者と会うことを1度でも行えば、SEXを強要されて、裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等を撮影、録画されて更なる脅迫材料になるケースも多いです。
脅迫者にとって、裸の動画や裸の写真等を弱みの材料に、女性を、自分の思い通りにいうことをきかせたいのが目的です。
このタイプの脅迫者の場合、粘着質で執念深く女性にかなりの執着心をもっていることが多いです。
脅迫者に裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等を撮影や録画された場合でも、ご要望が、裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等の破棄や回収も含めた脅迫問題の解決なら確実に出来ますので、ご安心して脅迫相談解決所にご相談下さい。必ずお力になることをお約束します。

脅迫被害相談解決所が扱った事例として、脅迫者の要求を1回でも従った後、5年後に2回目の要求がきて、脅迫被害の相談をしてきたという事例もありました。
ですので、基本的に脅迫者の要求を1回でもきいてはなりません。
脅迫者の要求を1回でもいうことをきくと、終わりのない脅かしや強請・脅迫や恐喝をされることになります。
先が見えず、あなたの人生は脅迫者に滅茶苦茶にされることは確実です。
脅迫者からの初めての要求がきている状況、脅迫者の要求を1回以上従ってしまった状況、どのような状況でも、脅迫被害相談解決所が責任をもって必ず解決致します。


トラブルで困ると大半の人が行う行動としては、事件性があるようなものなら警察に相談しますが、弱みのある相談の場合には、家族にばれることも覚悟の上の相談になります。
また勇気を出して相談しても、必ずしも刑事事件になるとは限りません。
警察も役所の一つであり、警察は弱い者の味方でも正義の味方でもありません。
結果的に警察からアドバイスされるのは、弁護士に相談してください。
が多いです。
弁護士に相談すると、脅迫相手・恐喝相手が特定出来ている場合には、その脅迫相手・恐喝相手に内容証明郵便で通告書を送ることが弁護士のマニュアル通りのやり方になります。
そのマニュアルに従い、脅迫相手・恐喝相手が通告書を無視したりすると刑事事件に該当しそうな案件なら刑事告訴をします。
刑事事件に該当しそうに無い場合には、民事訴訟を提起します。
その場合、民事訴訟は証拠が全てですので、証拠の有無を聞かれます。
証拠がない場合には、訴訟を提起しても勝訴する確率がかなり低くなります。
それでは証拠がある場合、勝訴という判決が出ても、相手が判決どおりの行動をしてくれるかは全く別の問題となります。
裁判所の判決が通用する相手、全く通用もしない相手がいます。
通用しない相手の場合には、裁判自体行うことは、弁護士費用の無駄でしかありません。
日本の民事的裁判の限界を感じる人達は多いのです。
解決手段で、弁護士という手段で表沙汰にすることで、夫や妻、子供たち家族にばれるというリスクが出てきます。
弁護士という職種は、保身的でリスクを嫌う職種です。
決して、誰にでも、ばれないように必ず解決しますとは絶対に言いません。
弁護士は、法律の事務屋でありマニュアル的対応では、家族にばれることも覚悟したほうがよいでしょう。
弁護士にとって最終手段は民事訴訟での勝訴であり、弁護士にとっては勝訴が解決なのです。
しかし勝訴=解決ではありません。

裁判勝訴が通用しない相手なら、弁護士を使い、裁判勝訴までしてもお金を支払うことなどしないからです。
この実態は、民事裁判を勝訴しても返金されなかった経験をした人は判ると思います。
裁判所の勝訴判決なんてこんなもの?
弁護士なんてこんなもの?
身にしみて判ることでしょう。

理不尽な目にあわされて、弁護士を使い裁判を行って勝訴したとしても、返金や支払いはありません。

何故なら、勝訴=相手がお金を支払うではないからです。
悪知恵の働く相手なら、無視するのは確実です。

詳細な強制執行逃れの仕方は書くのを控えますが、平たく書くと、銀行預金から不動産、家財道具まで、家族の名義かまたは別人の名義や法人名義にすればいいだけの話です。
同じ家に住んでいよう家族名義のものには、裁判所の強制執行は効力は及びません。
実質 勝訴判決は単なる紙っぺらになります。

余程、交渉に有利な材料でもない限り、弁護士は役立たずです。
使い物になりません。

それではどうすればいいか?
脅迫被害相談解決所に全てお任せください。
長年の解決実績から身につけたノウハウを生かし解決に導きます。
他では絶対に出来ない独自の解決手法で解決しますので、 脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル どのようなケースでもお気軽にご相談下さい。
LINEやフェイスブック等のSNS等でのIDしか情報がないケースでの、脅迫者、恐喝者の素性がわからない 手掛かりが殆どない 等のケースでも解決しますのでご安心ください。

脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルは、請け負った解決依頼は100パーセントの解決を保証致します。
誰にも知られずに100%完全解決を行い、永久に相手から仕返しや復讐されることもなく、安心・安全な生活を保障いたします。

脅迫被害相談解決所が、ご提供できるのは、確実、迅速な完全解決です。
脅迫被害相談解決所の同業他社のようなところは存在はしません。
他社で100パーセント解決出来ますとは言えるところも存在しません。
請け負った案件については、確実な解決を行い、解決結果については永久保証致します。


脅迫被害相談解決所は、脅迫被害解決業務を人間としての正義を強い信念として運営しております。

脅迫被害相談解決所は、長年にわたり、
脅迫被害、恐喝被害、美人局被害、リベンジポルノ問題、縁切り問題、
暴力団(ヤクザ)とのトラブル、半グレや不良からの脅迫トラブル等々、
相談から100%完全解決までを専門に行っているトラブル解決所です。

      請け負った案件については
      完全秘密厳守で確実に100%完全解決を行います。


芸能人、有名スポーツ選手、政治家、医師・大学教授・教員、公務員の方々からの解決依頼も多い脅迫被害相談解決所です。



        
【脅迫被害相談解決所の信念】

脅迫被害相談解決所は、
脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・
悪縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル解決のご依頼については

相手からの手出しが一切出来ないよう、
ご依頼人とご依頼人のご家族を含め
ご依頼をされた後より、解決後も永久に、身体を張ってお守り致します。
(脅迫者、恐喝者の個人・組織は問いません。)

請け負った案件につきましては、責任を持って、
ご依頼人やご依頼人のご家族の身の安全をお守りしながら、
100%完全解決できることをお約束できる理由は、
脅迫被害相談解決所だけが成し得る
トラブル解決の特別なノウハウによるものです。


脅迫被害相談解決所の一つの特色として、確実な解決
解決結果に対して
永久保証も行っております。

特に緊急性の高いトラブルで、脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り問題・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルの100%完全解決依頼については、ご依頼人含め
ご依頼人のご家族も守り、迅速、確実な解決結果、永久保証
を行っております。

どのようなケースでも完全秘密厳守で、誰にも知られずに隠密裏に対応・解決します。
必ずお力になることをお約束します

脅迫被害相談解決所は、民事上の裁判勝訴や警察でも駄目だった方のケースでも解決まで行ってます。
通常の刑事事件では解決は困難なケース、また弁護士に依頼した通常の交渉や裁判での勝訴でも解決が困難なケース、警察や弁護士では動きが遅いので早急に解決したい方の、解決依頼を請負い数多く解決してきました。
また、脅迫被害相談解決所は、警察にも相談に行けない問題・通常の訴訟等は家族に知られる等、普通に相談できない方々の依頼も非常に多いです。
どのような問題でも、お気軽にご相談ください。

脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルは、人生そのものを狂わせている、悩ませている問題だと思います。
悩みなき人生を取り戻して頂けるように、問題解決にあたり、様々な事情に応じて、コンプライアンス(法令遵守)を重視し対応・解決します。
状況に応じた柔軟なサービスが提供できますので、お気軽にお問い合わせください
ご依頼人の絶対的な最強の味方になり、解決までお力にならせて頂きます。
解決まで全てお任せください。
悩まれてる方が、どんな解決を求めているか?これは様々です。
どのような解決がご希望かをご相談ください。
誰にも相談できない内容でも、完全秘密厳守でご相談に乗ります。

脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル どのようなケースでもお気軽にご相談下さい。
請け負った案件については100パーセント確実な解決を保証致します。
誰にも知られずに、永久に相手から仕返しや復讐されることもなく、安心・安全な生活を保障いたします。

脅迫被害相談解決所が、ご提供できるのは、確実、迅速な完全解決です。

脅迫被害相談解決所の同業他社のようなところは他にありません。
請け負った案件については、確実な解決を行い、解決結果については永久保証致します。

脅迫被害問題・恐喝被害問題・リベンジポルノ問題・暴力団(ヤクザ)関係者や半グレ・不良等、反社会的個人や組織から脅迫問題では、弱みを握られたり、弱みに付け込まれて、脅かしや、脅迫される、恐喝されるケースが多いです。

トラブルでの一般的な相談するところといえば、
警察、弁護士、探偵事務所ですが現状を書きます。

警察に勇気を出して相談に行っても、警察はやはり役所なので事務的対応で腰も重く、被害者救済とは程遠いケースが多いのが現状です。緊急性のある刑事事件にでも発展しないと迅速さもありません。しかし取り返しのつかない殺傷事件に発展してからでは遅すぎます。
警察は、家族に知られないようにという相談にも臨機応変に対応はしてくれません。逆に家族に話しなさいと言われるケースも多く、家族に知られたおかげで、一家が崩壊してしまうケースも多いのです。

弁護士にしても、法律の事務屋さんです。
まずは内容証明から始まって、交渉断念後は、訴訟での決着をしようとしますが、勝訴をしても解決は無理なケースばかりです。
緊急に対応を要するようなトラブルの緊迫場面でも、脅迫者から仕返しもないように、体を張って守ってくれる弁護士など皆無です。
殆どの弁護士は保身的で受身でありリスクはとりません。
弁護士は、何かあった時に責任をとることなどしません。
弁護士を全く否定するわけではありません。
弁護士しか出来ないこと、弁護士をいれたほうが、スムーズにくこともあります。
特に離婚問題や確定債権になっていない金銭トラブルなどは、弁護士をいれたほうがいいでしょう。
但し、金銭トラブルや離婚問題も含めた民事訴訟での勝訴判決は、必ずしも解決とはなりません。
何故なら、民事訴訟は、金銭的な解決が目的になります。
例えば、相手に謝罪を求めた訴訟は出来ません。
裁判での勝訴で、相手に、強制的に謝罪をさせることなど出来ないのです。
勝訴→相手に支払い命令が出ますが、相手が支払うことは、全く別の問題なのです。
しかしながら勝訴すると、相手が自動的に支払いをしてくれると思っている人たちは多いのが現状です。
何度も書きますが、民事訴訟の勝訴判決は、依頼人にとっては、決して、解決ではありません。
弁護士に依頼前に、勝訴すれば、相手も観念して支払いますよ と言われたなら、その弁護士は嘘つきです。
裁判所の勝訴判決など、何とも思わないタイプも多いです。
要は、名義を変更すれば、強制執行など出来ないのです。
悪知恵の働くタイプなら容易に他人名義にして強制執行逃れをするでしょう。
それが出来れば、裁判で敗訴すること自体、なんのダメージにもなりません。
弁護士が通用する相手でないと、弁護士を使うこと自体、お金の無駄遣いにしかならないのです。
ここでは刑事事件における弁護士の役割は書きませんが、民事訴訟よりも酷い現状です。
正義の味方の弁護士が活躍するのは、映画やドラマの中くらいでしょう。
弁護士の限界や実務の実態は、今まで弁護士を何回も使ってきた人にしかわからないと思います。


探偵事務所の類は沢山ありますが、トラブルを解決できると依頼を請けても行うことは調査だけです。調査だけでは絶対に解決は出来ません。
探偵業界は実態として、暴力団(ヤクザ)関係者・詐欺探偵業者も3割以上存在する業界です。
名前は書きませんが、実態は暴力団(ヤクザ)なのに、TV出演している大手探偵社もあります。
探偵業界独自の手法で、追加料金で延々と請求してきますので注意が必要です。解決も出来ないのに解決すると言って調査だけしかやらないのは悪徳詐欺探偵業者と言っていいでしょう。
脅迫被害相談解決所にも、探偵に二次詐欺被害にあった相談が年々増えています。
真面目に探偵業務をおこなっている探偵社もありますが少数です。

法律は決して万能ではなく、法律で全て解決は絶対にしません。

また脅迫トラブルの内容に法律上違法行為となる要素があり、誰にも相談もできない様な内容でも、完全秘密厳守でご相談に乗ります。

 


      脅迫被害相談解決所の特色

創業1982年から蓄積された当事務所だけの豊富なコネクションも駆使し
脅迫トラブルを完全に解決致します。
長年の脅迫トラブル解決実績を元に、脅迫加害者の心理分析も的確に行います。

請け負った案件については、100%完全解決を専門としていることもあり
民事裁判で勝訴したにも関わらず、判決通りに解決しなかった、という方や、
警察、弁護士、探偵社でも解決しない脅迫トラブル解決依頼が
とても多い解決所であることも、当解決所の特徴のひとつです。

また、脅迫被害相談解決所の最大の特徴と致しまして

請け負った案件につきましては
必ず、100%完全に解決することをお約束していることをはじめ、
トラブル解決後も、相手が一切の手出しが出来ないように
ご依頼人やご依頼人の身の安全を、永久にお守りする永久保証があります。
(解決依頼料に含まれています)

ご依頼された後より、トラブル解決後も永久に
ご依頼人やご依頼人のご家族も含めて
永久にお守りしているトラブル解決所は
日本中何処を探されても、脅迫被害相談解決所以外に
一切、存在していません。

親身相談・完全秘密厳守で日本全国、どこでも即時対応・100%完全解決致します。


 

北海道 札幌 青森県 青森 岩手県 盛岡 宮城県 仙台 秋田県 秋田 山形県 山形 福島県 福島 茨城県水戸 栃木県 宇都宮 群馬県 前橋 埼玉県 さいたま 千葉県 千葉 東京都 東京 神奈川県 横浜 新潟県 新潟 富山県 富山 石川県 金沢 福井県 福井 山梨県 甲府 長野県 長野 岐阜県 岐阜 静岡県 静岡 愛知県 名古屋 三重県 津 滋賀県 大津 京都府 京都 大阪府 大阪 兵庫県 神戸 奈良県 奈良 和歌山県 和歌山 鳥取県 鳥取 島根県 松江 岡山県 岡山 広島県 広島 山口県 山口 徳島県 徳島 香川県 高松 愛媛県 松山 高知県 高知 福岡県 福岡 佐賀県 佐賀 長崎県 長崎 熊本県 熊本 大分県 大分 宮崎県 宮崎 鹿児島県 鹿児島 沖縄県 那覇  全国47都道府県対応  
        
          全国即時対応致します。

          お気軽にご相談下さい


芸能人・有名プロスポーツ選手・政治家・医師・大学教授・教員・公務員等
多種多様な有名人の駆け込み寺


★脅迫被害100%完全解決専門
★恐喝被害100%完全解決専門 
★リベンジポルノ問題100%完全解決専門
★美人局被害100%完全解決専門
★暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、
 反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル100%完全解決専門
★縁切り解決100%完全解決専門

  【信頼の証】30年以上の100%完全解決実績多数

秘密厳守で100%完全解決
相手からの報復皆無
身体を張って、永久にお守り続けます。(永久保証)

脅迫相談・100%完全解決専門機関  
 
脅迫被害相談解決所
   
【Kyouhaku.com】
                           
   東京都豊島区池袋4−17−3
         
     

TEL:050−1335−4283
              
      (IP固定回線)  
年中無休・受付時間
      AM9時〜深夜AM2時まで


メールアドレス(24時間受付)      info@kyouhaku.com          こちらまで、ご相談ください。


※但し、要求期限が迫っているような緊迫した脅迫被害・恐喝被害・強請被害・美人局被害・リベンジポルノ問題・縁切り・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブルについては24時間無料相談受付をしております。
E−mail      info@kyouhaku.com
HP             http://kyouhaku.com/

●裁判でも解決しない案件を解決するトラブル解決専門コンサルタントとして数々のマスコミ取材多数

●法律では解決しないトラブル解決実績多数
●弁護士事務所からのトラブル解決依頼実績多数
●芸能人・プロスポーツ選手・政治家・医師・大学教授・教員等、
多種多様な有名人からの脅迫トラブル解決実績多数
●暴力団(ヤクザ)、右翼、半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等の
トラブル解決実績多数

●ニュースで取り付け騒ぎになってからでも大型詐欺事件解決実績多数

親身になってご相談に乗ります。完全秘密厳守 全国即時対応致します。


 ※相談内容次第で、相談内容が長くなり電話が繋がりにくくなることあるので、お急ぎの場合には、メールにてご相談ください。内容を拝見次第、即時、お返事致します。

             ご相談無料 完全秘密厳守

このホームページに関するお問合せは、電子メールにてお願い致します。
基本的にリンクは、フリーです。
Copyright(c) 1984−2018 脅迫被害100%完全解決・恐喝被害100%完全解決・リベンジポルノ100%完全解決・美人局被害100%完全解決・暴力団(ヤクザ)・半グレ・不良等、反社会的人物及び組織等からの脅迫トラブル100%完全解決・縁切り100%完全解決|100%完全解決専門機関|脅迫被害相談解決所  All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。